♬いつかノーベル賞でももらうつもりで ガンバッてるんじゃないのか

どうしても「いい人」になってしまう人向けのゴールの話です。

タイトルは井上陽水さんの「氷の世界」の歌詞の一部です。

めちゃめちゃかっこいいですね。

井上陽水さんの歌詞は、いつも特徴的で、抽象的で、「すげぇ~」と思わずうなってしまいます。

本題に入りますが、ゴールを高々に公言してしまう人や、自分を大きくみせようとしたり、強がってみせたり、とそれはそれでいいのですが、やはり、口だけになってしまっている人の方が多いと思います。

神や仏を目指しているじゃないのか、という人も中にはいますが、それはお墓の中に入った後で達成すれば良いと思います。

いつかノーベル賞でももらうつもりで ガンバッてるんじゃないのか」井上陽水「氷の世界」(一部引用)

ノーベル賞を受賞する方々は、ノーベル賞を目指して研究をしている訳ではない、と思います。
それと、頑張ってもないと思います。

夢中になる何かの研究の結果、ノーベル賞を受賞していると思います。

どの分野でもそうですが、賞を取って、やめてる人はほとんどいないと思いますが、賞を取ることがゴールだとすれば、賞を取ったらそのことをやめてしまいます。

そして、この世(宇宙)は氷の世界とも言えます。

よく「東京の人は冷たい」と聞きますが、都心は人が多すぎて、人を人として観てないような気がします。
都心は時間の流れが早いので、自分のことだけで精一杯なこともあるかも知れません。

ゴールは現状の外側で、抽象度の高いゴールが理想ですが、苫米地英人氏の著書の「夢が勝手にかなう脳」や「夢が勝手にかなう手帳」には、ゴールを書いてから下に降りて行く書き方をします。

そうすると、頭でゴールを考えてしまうので、いい人のままゴール設定を書いてしまいます。
上手く行っている人は、それで良いと思います。
上手く行っている人は、何をやっても上手く行くので、上手く行きます。

「光と闇のヤバいゴールの見つけ方」では、下からあぶり出して昇華させるやり方をインストールします。

ゴールはいくつあっても良いので、この方法も知っているだけで、とても価値があると思います。

上からでも下からでも、結果がでればなんでも良いです。

多くの人が疑問に抱く、「現状の外側のゴールかどうか」の判断方法もお伝えします。

社会的抑圧のリミッターを外すので、自分の潜在能力が開放できるようになります。
気功技術で元気になるより、ゴールの世界を楽しんで元気になった方が、ずっと健全です。

井上陽水「夢の中へ」(一部引用)

探しものは何ですか?
まだまだ探す気ですか?
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?
 (引用終了)

深い深いゴールへのトランスを体験してみて下さい。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座