夢のもう一つの顔♬無作為に振り撒いた願いはただ誰の為でもなく弱さを映し出す

夢のもう一つの顔は、自分の弱さをさらけ出していることにもなります。

この曲はDIR EN GREYがボーカルの京が喉の不調の為に、活動を一時休止し、活動が再開された時に発表された楽曲です。

DIR EN GREY 「輪郭」(引用)

輪郭を伝う
夢や愛を無色に変えながら

契る約束が終わりを告げる

焼けた野原には虚ろを摘む
透けた白い肌、その燐火に捧げる

夢から
夢から夢へガラスの道へ
夢から涙さえ消え去って
夢から
夢から覚めたこの世界では
思い出さえ夢となり…

羽搏く時、写し
心音が指し示す
嘘を奏でる

写実家の様に
限りなく現実を描き出す
「傍に居て欲しい」
笑顔に変えて

MINERVA

夢から
夢から夢へガラスの道へ
夢から涙さえ消え去って
夢から
夢から覚めたこの世界では
思い出さえ夢となり…

無作為に振り撒いた願いはただ
誰の為でもなく弱さを映し出す

此処に居るこの俺は
今何を歌う?

「願う事さえ許されない」

鬼さんこちら手の鳴る方へ
鬼を捕まえ私と変わ…

DIR EN GREY 「輪郭」(引用終了)

まず最初の、「輪郭を伝う 夢や愛を無色に変えながら」という歌詞あります。

我々はゲシュタルトを2つ同時に維持できないようになってます。
変性意識を深めれば同時に見えます。気(オーラ)の視覚化も同様です。ぼんやりと周辺視野で身体を見ます。

老婆にも女性にもみえるだまし絵のような感じです。

どういうことかというと、夢を現実にしようとすると、夢は見えなくなります。

ふわふわ夢を現実に落とし込むのには、輪郭を切り取って、浮き彫りにしていく作業です。

実際にどうすれば良いのかというと、名前や言語を使って、情報を切り取ります。

重要なのは、名前ではなくて、「何を指し示しているか」ということです。

気功技術は、何百個もありますし、名前が思い出せなくても、その時に使いたい「あれ」と指し示せれば使えます。
思いだしやすさや、他人と共有するためには「名前」は記号として便利です。

夢や愛は、形にすれば、消えてしまうという脆さがあります。

次に「無作為に振り撒いた願いはただ 誰の為でもなく弱さを映し出す」という歌詞あります。

よくありがちな、自分本位な夢や願いを抱く人は多いと思います。
他人も巻き込むゴールもあった方が良いです。

夢やゴールも、現在できていないことを夢やゴールにするので、ある意味「自分の弱さ」を表現していることになります。

夢やゴールが見つからない人は、「自分の弱さ」に着目してみると、夢やゴールが浮かび上がるかも知れません。

小説やアニメの「化物語」などの「物語シリーズ」の中で主人公が「手に入るかどうかはともかくとして、自分が何を願う奴なのかってことは、知っておいたほうがいいだろうよ。何を欲しいと思い、どうなりたいと思う、どんな奴なのか それを知っておかないとあっさり道に迷っちまうぜ。」というようなセリフがあります。

物語シリーズは名言の宝庫なので、おすすめです。

注意したいのは、情報場と物理場は、反対の作用することがあります。
鑑合わせです。

情報場の「弱さ」は物理場では「強がり」として、現れます。
「弱い犬程よく吠える」という言葉が当てはまります。

物理場の「弱さ」は情報場では「強さ」として、機能します。
外見のコンプレックスが、打たれ強さや心を強くしているような感じです。

他人に夢やゴールを知られてはいけないのは、他人に弱みを握られる可能性もあります。

親や友人も、「この前〇〇と言ってなかったけぇ?」と、夢やゴールを壊すドリームキラーと化します。

ゴール設定は重要ですが、「夢」や「ゴール」だけを語って何も行動してない人を見ると滑稽に映ります。

まとめると、夢やゴール設定は「自分を知ることができる」という醍醐味があります。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座