【フィジカル気功】光と闇のゴッドタッチヒーリング

ゴッドハンドと呼ばれる手技の整体をYouTubeで観てみると、身体に触れただけで、身体が整うという奇跡のような動画あったりします。

気功師から観れば、気功をしているだけのように見えます。

一方で、「ゴッドハンドなどなんてものはない」と否定する施術家もいます。

なぜ、否定できるかというと、「誰でも再現ができてしまう、当たり前のことをやっているからだ」と言います。

 

いろんな先生に整体を教わって来て、やっと、いろんな先生の言っていることの点と点が結びつき、言語化することができ、再現することができたので、この講座を開催します。

施術という言葉には「術」という言葉が入っています。
施術は「術」に変わりはなく、「術」という非言語コミュニケーションの部分を体系化しました。

情報としては知っていたり教わっていたのに、意味を理解していなかっただけということに気付くと思います。

「知ってはいたけど、実践をしていなかった。」というのに近いです。

物理的に、目で見てもわかるフィードバックを細かく取ることで、丁寧さが増します。

その丁寧さを、言語化してお伝えします。

「神は細部に宿る」という言葉があるように、当たり前の行動を、細かく実践して、一瞬で結果が変わってしまうことが、体験できると、細かい気遣いに重要性が増してきます。

「手品には、種も仕掛けもあるように、ゴッドハンドはマジックハンドで、種も仕掛けのあった。」ということです。

 

なぜ「ゴッドタッチ」なのかというと、施術は「触れ方」が大事だからです。
特にファーストタッチが大事です。

「神の如く触れる」ことで、クライアントに脱力を促し、自然治癒力を高めます。

「神を信じましょう」などということではなく、解りやすさのために、「神」という言葉を使っています。

ゴッドタッチは、実物の身体だけではなく、オーラにも、気の玉にも触れ方は同じで、遠隔ヒーリングでも使えます。

ゴッドハンドには種も仕掛けもあるように、ゴッドタッチにも種も仕掛けもあります。

YouTubeで、手品の仕掛けの作り方を公開している動画がたくさんありますが、そんなに手の込んだことをやっているのか?というのと、かなり科学的なことが知れます。

手品は、種と仕掛けがわかっても、手品師の職人技の技術がすごいので面白さが変わらないというか、面白さが増します。

 

ゴッドタッチは、技術・テクニック主義ではなく、施術家としての「在り方」を重要視します。
同じ技術を使っても、結果が出る人と出ない人の差が「在り方」にあります。

整体のセミナーに通ったり、DVDなどの動画で整体テクニックを学んでも、結果が出ない人は、「在り方」が変われば結果が出始めると思います。

エネルギーワークやスピリチュアルで、「愛」や「光」が出てくることがあるとおもいますが、「愛」や「光」では抽象的過ぎるので、そういう説明はしませんが、結果、「ヒーリングは『愛』なんですね。」ということに繋がるかも知れません。

「在り方」と言っても、精神論ではなく、論理的に解説します。
そして、フィジカル気功なので術者のフィジカルを重要視します。

「愛」や「光」の状態を、フィジカルでかもし出します。

術者の意識状態は、もちろん重要です。
脳の意識状態は、行動を優先します。
施術する時の意識状態を、行動によって、作り出します。
身体の「使い方」よりも、使える身体の「在り方」である事が重要です。

施術家にとっての「在り方」とは、どういうことかというと、「自然な状態の身体」でいることです。

それを、脱力した状態と言ったり、バランスの取れた姿勢と言ったりします。

もちろん、術者とクライアントのホメオスタシス同調で、ヒーリングするというカラクリもあります。

 

クライアントに触れるまでの、下準備だったり、丁寧さがとても重要になります。
「それがなぜ?」ということは実体験してもらうことで、理解が深ります。

「料理は愛情」という言葉がありますが、それに似ています。
手の込んだ料理は、下準備をたくさんしています。

 

ゴッドタッチの闇の部分は、一瞬で身体が整うということは、一瞬で身体を崩すこともできるということです。

どういうことかというと、身体の動かし方が良くなかったり、ホメオスタシスの問題や、アンカーとトリガーによって、身体をゆがめてしまう記憶を思い出せば、瞬時に身体は、施術前に戻るということです。

ゴッドタッチは、「対処療法にはなりますが、根本療法にはならない。」ということになります。

「変化が出ることと、良くなることは違います。」

では、どうすれば良いのかというと、ゴッドタッチで、良い状態を知ってもらい、それがホメオスタシスになるように、脳に学習をさせていきます。

施術とは「脳に良い状態を記憶させるための行為」です。

どうやってそこに持って行くのかというと、まずは、身体の現在地を知り、身体のゴールを決めて、日々の生活で、効率的かつ合理的な筋トレ&ストレッチを行うだけです。

身体の現在地を知ることで、「今の身体の状態の解説」をします。
施術の醍醐味は「問題の解決ではなく、解説」です。

身体の不調は、姿勢だったり、動き方が問題ですが、改善するメリットが提示できないと、なかなか行動に移してはくれません。

「自分探しの旅」という言葉があるように、多くの人は、自分のことを知りたがっています。
知らなかった自分のことの発見が、喜びに繋がります。

身体が読めるようになると、どこが弱っていたり、疲れているのかが、動きではっきりとわかるようになるので、解説ができます。

身体の状態の解説をして、クライアントのスコトーマを外すことで、勝手に筋トレ&ストレッチをしてしまうようになります。

整体だけで、身体の問題が解決することはありません。
誰が身体を固めているのかというと、脳の指令によって身体を固めています。

 

施術は「脳の改善」が目的の一つです。
なので、脳科学や気功の視点があると、理解が進みます。

脳の改善には、クライアント自身のゴールも必要になります。
身体教育も必要になってきます。
気付かせて、導ける人になる施術家を目指しましょう。

 

お店の方針や営業スタイルによって、施術の流れは違うと思いますが、ゴッドタッチは、施術の導入としてかなり使えます。
気功という言葉を使わなくても、日常で使えます。

身体のチェックとして、最初に触れた時に、ゆるませてしまったり、気持ちよさを味わってもらいましょう。
お笑いや手品で言う、「つかみはOK」の状態から始められれば、クライアントの満足度は上がります。

ゴッドタッチはセルフヒーリングとしても、使えます。
練習相手や施術の機会がなくても、自分の身体で試せます。

 

講座の内容はシンプルです。

・身体の読み方、現在地のチェック方法

・術者の軸が通る、立ち方、座り方

・触り方と離し方

・効率的かつ合理的な筋トレ&ストレッチのやり方

がメインになります。

 

【講座名】

光と闇のゴッドタッチ講座

【参加条件】

ブログ読者

【場所】

東京・埼玉の音楽スタジオ・セミナールーム・レンタルサロン・カラオケルームなど、状況に応じて。
メールにて詳細を送ります。

【時間と料金】

3時間 4万5千円 (銀行振り込み、もしくはPaypalで決済)

【営業時間】

平日 月・水・金
19時~23時
土曜・日曜日・祝日
10時~23時

ご希望の日にちをお申し込みフォームにご記入して下さい。
こちらの都合によりご希望の日にちに沿えない場合がございます。
2~4週間程づらして頂く場合もございます。
その場合は要相談でお願いします。

お申し込みはこちらまで。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

フィジカル気功講座

2021年12月12日ベーシックフィジカル気功グループレッスン

光と闇のゴッドタッチ講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座