作詞のテーマ一覧。さらにあることをするとネタ切れが無くなる

アーティストにとって、恐怖と感じてしまうのが、イマジネーションの枯渇です。

「ゼロ」から「1」を生み出そうとするから、大変なのです。

あるものとあるものを足せば新しいものが生まれます。

作詞のテーマ一覧

世の中の詞で一番多いテーマは、「恋愛」です。
誰でも経験するからです。

思い通りに近い結果を出すのなら、リスナーとの「共感」が重要となって来ます。

西野カナの「トリセツ」での解説がわかりやすいと思いますが、女性がこの詞を読めば、「共感」できるのが「売り」(セールスポイント)だと思います。

テーマを決める時は、聞いてほしい年代のターゲットをしっかりと設定すると、選択しが減ると思います。

テーマ一覧

  • 恋愛(出会い、別れ、結婚、変わり者など)
  • 愛(人間愛、家族愛)
  • 応援
  • 社会(人間関係)
  • テーマソング
  • 童話

などでしょうか?

ヴィジュアル系などのバンドが恋愛系の曲を書くと、純愛もありますが、偏った異常な世界観もありますよね。
ゴールデンボンバーの「女々しくて」の歌詞は、男性目線の恋愛ソングとして、珍しさもありました。

ロック系のバンドだと、社会(人間関係)への不満や反発や疑問が多いと思います。

恋愛と愛は抽象度としては、別物と捉えてます。
だいぶ前ですが、大泉逸郎の「孫」という演歌の曲が話題になりました。

孫への愛の歌が、演歌ファンの多くの人の共感を生んだ訳です。

テーマソングは、昔のアニメはアニメに連動した曲が普通でした。
現代はタイアップが多いですね。
その主人公やアニメを象徴した内容の歌詞が多いです。

童話は、ざっくりした説明になりますが、子供向けの詞です。

一番音楽を聴く世代は、学生と20代前半ぐらいでしょうか?
その世代に共感を生む、響く詞を書くなら、テーマが「恋愛」「夢」「応援」は定番だと思います。

テーマから詞のネタを増やす方法

詞は自由に書いてもいいのですが、何を書いて良いのかわからなければ、この方法で試してみて下さい。

このブログでは、恋愛と夢は例に出したので、今度のテーマは「応援」にしましょう。

詞のテーマの「応援」とは「応援ソング」のことです。

本題に入りますが、2つ方法があります。

1つ目の方法は、
応援ソングと聞いて、思い浮かぶキーワードを全部出し切ります。
この作業は「ブレインダンプ」と言います。

マインドマップをご存知の方は、マインドマップでキーワードを広げていくのもおもしろいと思います。

例えば、

  • 負けない
  • 側にいる
  • 報われる
  • 輝く
  • 何度でも
  • 努力
  • 病気
  • 笑顔
  • がんばれ
  • 立ち上がる

こんな感じでしょうか?

2つ目の方法は、応援ソングをテーマに「しりとり」をします。
なぜしりとりをするかは、「詞が思い浮かばない時」の記事に書いてます。

しりとりは、「負けない」から始めてみましょうか。

負けない →

井の中の蛙 →

図星 →

しんどい →

言う →

産声 →

炎上 →

うめぼし →

視界 →

意味 →

未完成 → ・・・・・

とこんな感じでしょうか?

応用編

さらに、この出てきたキーワードで、ネタ切れを起こさない為に、物語を作るとすれば、2つのキーワードを組み合わせます。

応援というテーマから出てきた言葉なので、似たような言葉が多いと思います。

ですが、話は「差」(ギャップ)がある方がおもしろいです。

この中なら、「井の中の蛙」と「しんどい」というキーワードで物語を作ります。
しりとりの「井の中の蛙」は、「井の中の蛙 大海を知らず」を略してます。

意味は「世間知らずのくせに自惚れるな」というようなことですが、裸の王様状態なので「しんどい」はずはないです。

ただ、他人から見れば、「そんなに偉そうにしてて、しんどくないですか?」
と思います。

まだ、成長もできるし、可能性もあるよ。

という感じで、内容はおじさんが若者を俯瞰してる、大きなお世話的な話です。

2つキーワードがあって、誰がどんな状況でどんな時に言うのかな?と想像を膨らませれば、いくらでも話は作れます。

落語家さんも、その場でお題(キーワード)を3つもらって、お噺を作ったりしているのを見たことがあります。

出てきたキーワードの当てはめ方は「サビから書く詞の方法」に書いてあります。

テーマの一覧を見ての通り、テーマ数はあんまりありません。
なので、テーマは同じでも、たくさんのものを掛け合わせて、新しい物を作るのが、今後の課題に成って行きます。

アーティストとしての活動のテーマが「夢は叶う」だったら、歌詞のテーマも「夢」で100曲以上作れなければ、いつかは廃業です。

私の好きなバンドのDIR EN GREYは、バンドのテーマが「痛み」だそうです。
痛みをテーマにたくさんの楽曲を作ってます。

夢だけでもいろんな形があるので、マインドマップなどでブレインダンプして、脳に負荷を与えましょう。

次は、作詞作曲のまとめの一覧・早見表です。
一曲完成できない人はどこで躓いているのか、わかりやすくなります。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座