英語の名言。ブルースリーの考えるな感じろの意味は禅問答

ブルースリーの有名な一言。

なぜ、「考えるな!感じろ」のと言ったのか?

いろんな解釈ができると思うので、是非、自分なりの解釈を見つけて下さい。

偉人達の名言

ブルース・リー Bruce Lee

Don’t think, feel ! It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.

考えるな、感じろ!それは月を指差すようなものだ。指に集中するんじゃない。その先の栄光が得られないぞ!

ブルースリーの「燃えよドラゴン」の有名なシーンです。

Don’t think, feel !は有名な一言だと思いますが、映画では続きがありました。

いろんな解釈があり、禅問答のようなものだと思ってください。
正解の答えはないので、感じてください。笑

苫米地理論っぽく言うと、「未来のゴールに臨場感を持ちなさい」ということでしょうか。

他には、「私の指を見るんじゃない。私の指している方角を見なさい。」などと、解釈も出来ます。

正解の答えはないですが、これは東洋的な発想です。

武術やヨーガ(YOGA)などでもそうですが、師匠から何かを教わった時は、この動きには何の意味があるのか?など、考えてはいけません。
「感じてください」ということはよくあります。

そもそも、「師匠の言うことは絶対」という世界があります。

ただ、師匠選びを間違えると悲惨な結果に終わります。

話を戻しますが、「考える」とは、言語レベルに落とし込むことを言います。
映画の中では、弟子がブルースリーに「蹴り」を教わっているシーンで、この名言が登場します。

言語レベルに落とし込んでいると、タイムラグ(時間のズレ)が発生します。

考えるとは、コンピューターにプログラミングするようなものです。

それと、言語で考えると、抽象度が下がります。
抽象度が高いと、広い視野でものごとが見れます。

「相手が、何cm近寄ってきて、呼吸を吐いている時に、攻撃をしかければ、動きが鈍いから、その時を狙って蹴りを出す」など、言語で考えずに、五感を研ぎ澄まし、直感で行動します。

ある意味、動物的です。
動物が、言語で何か考えられるのかはわかりませんが、本能で動いています。

ブルースリーの武術は「ジークンドー」ですが、カンフーなどの武術は、動物の動きを真似をした拳法が多いので、そういったことなのかも知れません。

「考えるな」と言われてから「考えろ」と言われたり、「意識に上げろ」と言われてから、「無意識に落とし込め」など、と言われます。

矛盾や白黒つけない世界があり、絶対とはないので、そういうもんだと思って下さい。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座