気功技術の作り方と伝授のカラクリ。記憶を書き換える技術

気功技術の作り方と、伝授のカラクリを解説します。

伝授とは、気功師(ヒーラー)が使っている気功技術の伝授を受けることで、伝授された方が、その気功技術が使えるようになることを言います。

気功技術の作り方

気功技術とは何なのか?そこから解説します。

気功技術は、「アンカー」と「トリガー」という脳の特性を使った科学技術です。

アンカーは錨(いかり)でトリガーは引き金です。

アンカーとトリガーに関しては苫米地氏の本に、たくさん書いてあります。

アンカーとトリガーの技術が気功技術と同じようなものだと思って、もう一度本を読まれると、理解度が深まるかも知れません。

こちらのYouTubeの動画でも、気功技術とは言ってませんが、気功技術の作り方と使い方を解説してます。

苫米地メソッド007「エモーションコントロール」

苫米地博士が語る「気功の科学」

気功技術は、アルゴリズムやプログラミングとも言えます。

言語を使って、プログラミングをして行きます。

トリガーによって、スイッチを押したら、アルゴリズムやプログラミングが作動して、変化が始まります。

映画のマトリックスの下の画像のように、アルゴリズムが走っている世界です。

以前、気功技術は伝授されなくても、使えますか?という質問がありましたが、自分で作れれば良いだけなので、「使えます。」と回答します。
正し、「カラクリが見えていれば」です。

伝授が便利なのは、自分で作れなくても、他人が作った気功技術の伝授を受ければ、洗練させた気功技術が使えることです。

不思議な感じがしますが、人に気功技術を封入することが、気功技術の伝授になります。

お水に封入すれば気功水です。

なので、封入や浄化は基本中の基本になります。

アンカーは、平たく言えば記憶です。
自分の記憶を他人に与えるなんて不思議な感じしますが、そもそも、他人に何かを教えられる時に1から10まで全部説明しなくても、臨場感が伝わっていれば、言葉の意味も記憶も伝えられます。

会社で例えるなら、課長の役職だった人が、「来月から部長に昇進だよ。」と人事から辞令をもらったとします。

役職という情報と関係性が変わっただけなのに、見える範囲変わりも行動も自分の中の「部長」という理想に近づこうと変わって行きます。

言葉(言語)で人は書き換えられます。

伝授は人だったら人を書き換えて、物だったら、物が持っている情報を書き換えます。

他に例えるなら、「縁起を担ぐ」こともアンカーとトリガーの技術です。

野球選手のイチローやラグビーの五郎丸選手のルーティンも同じです。

人に気功技術を伝授するときは、儀式的に行います。
人はサイン(印し)がないと、臨場感が湧きません。

何気ない会話の中で、「伝授をしておきました。」と言葉で言われも「えっ?」と、気功を始めたての方はなることが多いです。

冠婚葬祭などの行事も同じです。
儀式的に行うことで、臨場感(リアリティー)が増します。

芸能人や著名人に合った時に、サインを求めるのも、本人に会えたという臨場感を残して置く為に、サインをもらい残しておきます。

気功技術の作り方は他にもありますが、カラクリが見えてくると、気功を知らない人同士でも、日常で気功の掛け合いをしているのが、見えてきます。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座