フィードバックのメールを書き始めると、気の球を作っているときみたいに、てのひらがジリジリし始めます。

遠慮ヒーリング「三丹田」のフィードバックです。

フィードバックでコメントを頂きました。

「それから先週今週と智徳さまにフィードバックのメールを書き始めると、気の球を作っているときみたいに、てのひらがジリジリし始めます。
先週は気のせいかな、と思ったのですがやはり今週も。こちらもちょっとおもしろいです。」

ヒーリングはいつから始まっているのか?という疑問があったとします。

答えるとしたなら、ブログを読み始めた時からなのですが、もうちょっとわかりやすい状態は、メールで申し込みを入れた時からです。

これは、意図的にやっているわけではなく、無意識が勝手にやってしまいます。
24時間ヒーラーでいるというモードになると、そうなってしまう様です。

講座の申し込みも同様に、申し込みの手続きが完了した時点から、書き換えが始まってしまいます。
当日の講座は確認作業のようなものです。

頂いたコメントは、「フィードバックのメールを書いてると」とありますが、これは、相手の情報場にアクセスしている状態です。

よくあると思いますが、この疑問は「誰々だったらどう答えるだろう」と考えているだけで、パッと答えが降ってくることがあります。

「これをやったら親に怒られる」「これをやったら上司に怒られる」というのも、相手の情報場にアクセスしているからこそ、起こる判断です。

それをトランスの移動とも言いますが、脳の機能なので、上手く利用して下さい。

ブログからも気が出ているし、メールからも気が出ている、という言い方をする場合もありますし、何かの情報場にアクセスしているとも言えます。

では、三丹田のフィードバックです。

(ここから)
早速フィードバックです。

布団で横になっているとドクドクと全身が脈打つ感覚があって、始まったなとわかりました。最近では、この脈動がヒーリング開始の合図みたいになっています。

下丹田、中丹田にグルグル動く気流のような感覚がありました。これは前回の三丹田の時よりもしっかりはっきりしていました。

上丹田は眠ってしまい記憶がありません。
ふだんから上丹田の体感はあまりないと思います。
ゆる体操の「目ゆる」をやっているときは、リアルに触っているような感覚がありますが、それ以外ではほぼ無いです。
翌日からは中丹田に作用したのか、静けさと時々中からあふれてくる熱い何かと、ピエタと熾火が同居してるような状態です。でも悪い感じではなく、どちらかというと心地よいです。
それから全身がかなり脱力しています。

以上です。
(ここまで)

(ここから)
時間になると胡座をかいて受けました。
いつもより手の平と足の裏のピリピリ感が強く感じられました。あと額の中心が妙にザワザワしているのを感じました。ヒーリング中に額の感覚を意識した事は無かったので、智徳様の講座を受けた事で何らかの変化が生じたのかもしれません。

その他の体感としては、胃のあたりに重苦しさを感じました。胃の重苦しさはしばらく続いていたので、胃に慢性的な疲労を抱えているのかもと考えました。
ふと気付いたのですが、最近食にガツガツしなくなったような気がします。勿論お腹は空きますし、美味しそうな食べ物を見れば買って食べますが、思いの外感激しないというか….。昔は食べるのが一番の楽しみだったのですが、もっと別の魂を燃やせるものに打ち込みたいような気がしています。

今週はこんな感じでした。
また次の日曜日も何卒どうぞよろしくお願いします。
(ここまで)

(ここから)
今週も遠隔ありがとうございました。今回は三丹田ということでした。なぜか丹田のときに、自分が大きくなったようなイメージが降りてくるんですよね。水を吸って広がるイメージです。今回も6畳くらいの部屋で寝ているのですが、部屋の半分ぐらいが自分で、ゲル状になっていて容器の中でたぷんたぷんとしているような感じでした。

先日深い変性意識下にあると眠くて眠くてしょうがないというようなお話もされていたと思うのですが、年末に主人が脳梗塞やったので一緒に禁煙を始めたのですが、そのせいで眠くて眠くして仕方がないのかなと思っていたのですが(ニコチン中毒の禁断症状の一つで覚醒要素が切れたため眠くなるというのがあるらしく)。主人も一緒にものすごくよく寝るようになっていて(もともと二人とも徹夜が得意なワーカホリックです)、これもニコチンじゃなくて、深い変性意識を作れるようになったためのものかもしれません。以前にも出産の前後3年くらい禁煙していたのですが、よく思い出したらその時はそんな症状は出ませんでした。まあ隣で寝てるので家族は同調しやすいのかもしれません。ちょっと面白いなと思いました。

また、今週も遠隔楽しみにしております。
(ここまで)

(ここから)
始まってすぐにお腹がくるくる鳴り出しました。
あとは寝てしまったので…すみません。

朝起きて鏡を見たら、お肌の見た目が良い意味で変わっていて驚きました。
あれ?こんなにすべすべだったっけ?と思いましたので、間違いないです。

ここ数日、忙しくてあまり眠れてなくて、
さすがにお客様から「今日は疲れて見えますね」と言われました。

見た目はどうあれ、アタマは通常より冴えてましたので、さくさく終わってとても助かりました。
今夜は早く休もうと思います。
(ここまで)

今回は三丹田でしたが、普段は下丹田だけでも、十分です。
美容・便秘・生理痛にも良いですし、精神面にも良いです。

下丹田は、腹筋に力を入れて力が入らないところが、臍下丹田です。
へその下三寸とよく書かれてます。三寸はcmに直すと約9cmです。
下丹田には重性の気と言って、重みを入れる感じです。
「ハラが座る」感じです。

中丹田は、膻中(だんちゅう)という場所です。
乳首と乳首の間の丁度真ん中の胸骨の上です。
実際押してみると、かなり痛いと思いますが、揉みほぐしても気の玉を入れても効きます。
中丹田は、熱性の気と言って、熱い気を入れる感じです。
松岡修造さんや、アントニオ猪木さんが中丹田が開発されています。
それと、潰れた肋骨が元に戻るので、バストアップにも良いです。

上丹田は、眉間の間です。
ルールとしては、下丹田、中丹田を開発してから上丹田を開発してください。

私個人の話ですが、上丹田は頭が痛くなりやすく、自分自身にあまりやることはありません。

やり方としては、百会から気が抜けるように、眉間から冷たい風を送る感じで気を流すと良いです。
頭に熱い気を流すと、のぼせてしまうので、冷たい気が良いです。
頭の良い人は、冷静だったり、クールな感じすると思いますが、そういう感じです。

次の遠慮ヒーリングは「美肌」です。

お楽しみに!

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座