首を長くする方法は笑顔にある。表情は脱力に重要

首に問題を抱えている方は、是非試してもらいたいことがあります。

慣用句に、「首を長くする」という言葉があります。

「首を長くする」とは期待して待っている状態のことを指します。

例えば、ロックバンドのライブコンサートで、会場が暗転し、SEが流れ始めた瞬間に、席に座って居た観客が一斉に立ち上がります。

この時、この後の楽しい時間に期待し、首が長くなっている状態です。

首と聞くと、頸椎だけが首のように思えますが、第一頸椎から尾てい骨まで首であり、背骨です。

この状態で身長を測れば、「1㎝」ぐらいは簡単に伸びます。

さらに、この伸びた状態で、左右を向けば、首の可動域が広がっています。

首・背骨が伸びる時は、驚いた時にも、起こります。
大げさに驚いて、「えぇ~~」とやってみて下さい。

背骨が「ピンっ」と立つのがわかると思います。
この背骨が、ピンっと立った状態を日常で維持できるのが理想です。

 

時間がある時は、何か楽しみで期待して首を長くして待った時のエピソードや、嬉しいことや何か発見した時の驚いた時のエピソードを使って、背骨を伸ばしましょう。

後は、表情だけでも、同じことが出来ます。
驚いた時の顔や、笑顔を作って、その表情筋を上に引き伸ばすしていく感じです。

笑顔だったら、頬の筋肉を上に上げて続けて行くと、背骨もそのまま立ち上がります。

 

次に試してもらいたいことがあります。

「借金で首が回らない」という言葉もありますが、借金で辛そうな表情で顔が曇っていれば、文字通り、首が回らなくなります。

不安そうな顔や、しかめっ面をして、左右や上下に頭を動かしてみて下さい。

その後に、顔を笑顔にして、頭を動かしてみて下さい。
可動域や動かしやすさが、全然違うことに気付けます。

 

腰痛の人は、顔しかめっ面にしてから、「いててっ」と言いながら椅子から立ち上がったりしてますが、しかめっ面で筋肉を硬直させてから、身体を動かすので、余計痛みが出ます。

顔を、笑顔を作ってから、立ち上がってみると、スッと立てたりするので、試してみて下さい。

笑顔もトリガーにして、気功を行う時はもちろんのこと、瞑想、クンダリーニ、センター、大周天をやると、より効果的です。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座