「家の中でアウトドア」という矛盾と認知の違い

認知の違いによって、他人との会話が嚙み合わない時の現象を言語化した記事です。

キャンプブームと、外出の自粛が合わさってなのか、「自宅でもアウトドア気分が味わえる部屋の作りとなっています」というような、未来型の住宅が宣伝されていました。

「アウトドア」という一単語では、直訳でいうと、「屋外」のことを言っています。

「out」と「door」で「outdoor」。直訳で見ると、「ドアの外」です。

対義語に、「インドア」があります。

「アウトドア派?インドア派?」と並べると、文脈から意味が読み取れると思います。

「in」と「door」で「indoor」です。ドアの中という意味です。

「家の中でアウトドア」は、矛盾を感じます。

家の中の外ってどういうこと?と、混乱します。
中庭やベランダや屋上なら、わかりますが、大抵は部屋の中にテントを張ったりや、コンロで食べ物を温めてキャンプ気分を味わいます。

 

正しく伝えるなら、「家の中・インドアでキャンプ」かと思います。

「家キャン」という略語もあります。

アウトドアが何を指しているのか、文脈がないと、混乱する話です。

アウトドアを何と「認知」「認識」しているか?ということです。

アウトドアとキャンプがごっちゃになっていると、「自宅でアウトドア」は違和感がないかも知れません。

 

とはいえ、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の発展によって、あたかも、野外にいるような演出は可能になってきました。

旅行もキャンプも、家で楽しめる未来が待っているかも知れません。
映画だと、マーベルの「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で未来が再現されているのが垣間見れます。

ネタバレになるので言いませんが、何が現実なのかわからなくなります。

アニメの「Psycho-Pass サイコパス」でも、メタバースの世界観など再現された回もあったり、近未来的です。

なので、「家の中でアウトドア」という言葉は「矛盾」だったのに、抽象度が上がると、「当たり前」になるかも知れません。

 

人と話していて、話が嚙み合わない時は、認知の違いや抽象度の違いがあることが多いです。

悩み事や解からないことの相談を受けて、アドバイスする側は、一言だけで解説して「めっちゃいいこと言った」「問題解決できた」と思っても、相談者の受け取り方が違えば、何も解決してないことがあります。

アドバイスする側は、解っている前提、知っている前提で、会話してしまうと、相談者を置いてけぼりにしてしまいます。

あとは、相談者が相談内容を話している時、「自分で答え」を言っているのに、「答え」を聞いてくることがあります。
この時、アドバイスする側は、相談者は「何を言っているんだろう?」と不思議な時があります。

メガネをかけているのに、メガネが無くなったと、メガネを探しているように見えます。

「アウトドア派?インドア派?」という質問で、アウトドアの事がキャンプの事だと思っている人もいるので、逆に、「インドア」って何ですか?という質問を返されることもあるようです。

「自分で答えを言っている」というのは、「インドア」は「ドアの中」と答えを言っているのに、気付いていない感じです。

 

心と身体の「毒」の問題も同じです。

何が毒として機能しているのか、自分で答えを言っているのに、気付いてないこともあります。

「パーソナルセッション」「解毒によるリラクゼーションヒーリング講座」で一緒に謎解きをして行きましょう!

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

講座案内

6月12日 美容系気功のワークと伝授のやり方講座

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

解剖から学ぶ夜の気功整体講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

解毒によるリラクゼーションヒーリング講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

フィジカル気功講座

光と闇のゴッドタッチ講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座