英語詞の書き方。無料で添削してもらえるおすすめのSNS

英語で作詞する方法を解説します。

その為の準備と注意点をポイントを書きました。

英語の作詞をする為の準備

なぜ、わざわざ英語詞にしたいのか?

という疑問は解消して置いて下さい。

私が推奨する作詞の方法は、自分の詞を共感してくれる聞いてほしい世代を決めてからの、テーマを決める製作です。

ビジネス面のこともありますが、誰に向けて書くか決めた方が、言葉を選び易いので、詞も書きやすいです。

ワンオクのTakaさんの英語力が話題になり始めたころから、英語詞を書きたい人が増えてきた印象がありました。

海外デビューを目指しているのなら、英語で詞を書くべきだとは思いますが、日本のアニメソング人気から見ても、日本語を毛嫌いする外国人は減ってきたようにも思えます。

海外でも、日本語のままで、楽曲がよければ、受け入れらる重要はあります。

ワンオクのTakaさんが、評価を得ているのは、歌唱力もありますが、英語の発音もセットです。

「英語で詞が書けたら」で、終わる話ではありません。
英語で詞を書いたなら、発音もしっかりと、練習しないと、ただの笑いものになります。

日本語の歌を歌っている外国人の映像や音源を聞いて、違和感を感じたことがあると思いますが、発音が曖昧だと、空耳で意味が違って来たりと、自分の伝えたい世界観が壊れるかも知れません。

英語で作詞したいというのは、メロディーの問題や、日本語だとどうしてもダサくなる場合など、理由は様々だと思いますが、それでは、本題に入ります。

英語の作詞をする方法

最初に必要なのは、楽曲です。
詞先から作曲は何度が高いので、曲先をおすすめします。

最初に、詞のイメージ・世界観ありきです。
イメージから、テーマ・シナリオ・ストーリーを作ります。

テーマ・シナリオ・ストーリーを元に詞を書いて、それが、日本語か、英語か、ぐらいの違いなものです。

英語で詞を書くなら、慣れるまでは、一度日本語で詞を書いてみて、英語に変換することをおすすめします。

無料で英語詞を添削してもらう方法

自分で英語の詞を書けるようになる為には、やはり英語の勉強は必要です。

とはいえ、「詞」となると、勉強だけではまかなえないニュアンスがあります。

それには、英語圏の人に添削してもらうのが、手っ取り早いです。

これから紹介するSNSは、お互いに文章を添削をし合います。
なので無料です。

自分だけ英語に添削をしてもらだけでは、誰も相手にしてくれません。
日本語を勉強したい、外国人の日本語文も添削するのがルールです。

こちらがそのSNSです。

「Lang-8」のサイトHP

外国人に日本語を教えると、何故か自分の英語の勉強の役に立ちます。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座