キネシオロジーのOリングテストのからくり

キネシオロジーとは筋肉反射のことです。

この筋肉反射を使って、いろんな確認やテストをすることが出来ます。

気功技術「ゴッドハンド」

身体の上に手をかざすだけで、違和感のある場所を勝手に見つけてくれる気功技術「ゴッドハンド」があります。

この勝手に患部を見つけてくれるからくりは、キネシオロジーです。

ゴッドハンドはキネシオロジーの応用の使い方です。

キネシオロジーは筋肉反射のことです。
手の脱力が進むことで、精度が上がります。

正し、完全や絶対はないのですが、当たる確立は上がります。

余談ですが、遊びで友達の年収を当てたことがあります。

「10、20、30・・・・・・」と、口ずさみながら、Oリングテストをしました。
あるところで、力が入らなくなり、その数字が年収でした。

Oリングテストのやり方は、親指と人指し指で輪っかを作り、その輪っかを外すように他人に引っ張ってもらいます。

輪っかが外れなかったら、問題はなく、輪っかが外れたら、問題あり、というテストです。

財布に10万入れて歩くのと、100万円入れて歩くのでは、緊張感が違うのと同じです。

このテストで、お金のメンタルブロックの桁がわかります。

こんな経験ないですか?

何か食べ物を口にした時に、違和感を感じて、吐き出してしまったことはありませんか?

何か異常を感じた時は飲み込むことができなくなり、噛むこともできなくなり、あごの力が抜けます。

これが、一種の生体反応であり、キネシオロジーです。

Oリングテストの「力が入らない」のは、緊張状態によるものです。

なぜ、緊張すると力が入らなくなるのは、筋肉の萎縮によるものです。
外敵から身を守るために、萎縮します。

萎縮しているので力が入らなくなります。

萎縮するには、怪我をしても出血を抑える為に前もって血流を押えるためです。
恐怖で顔が青ざめるも、外傷による出血を抑える為です。

緊張が続けば、血行が悪くなります。
血行が悪いと、身体のどこかが凝ったり、内臓が冷えたり、痛みを発します。

なので、リラックスや脱力が必要になります。

脱力には知識と知性も必要です。
安全とわかれば、「ほっ」としたり、力が抜けます。

情報だけで、脱力できます。

そして、脱力するのには、気功は効果的です。
患部に気の玉を入れるだけで、脱力します。

お腹(内臓)に冷えを感じていたら、気の玉を作り、気の玉をお腹に入れましょう。

そうすると、お腹がぽかぽかしてきます。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座

コメントを残す