大周天と小周天の関係は自転車と一輪車の関係に似ている

大周天は気功をする上で、とても重要な意識状態です。

大周天は小周天を外で回したものですが、小周天からできた方が良いのか?というようなご質問を頂きました。

現代気功と呼ばれている、我々の扱っている気功では、伝授により、大周天も一瞬でできるようになります。

ただ、情報的に例えるのなら、スマホにアプリをダウンロードしただけの状態です。

アプリを使いこなすのには、使い慣れるしかないです。

物理で例えるなら、子供のころ初めて自転車を買ってもらった状態で、バランス感覚を身体が覚えるまでは、自転車が乗り越せないようなものです。

そのまま、物理で例えると、自転車を乗りこなすのには、一輪車も乗り越せないと駄目ですか?という質問と、似ています。

一輪車を乗ったことのある方は、わかると思いますが、自転車よりバランス感覚が難しいです。

小周天も大周天より、難しいと感じる方は多いです。

一輪車が乗りこなせると、自転車のバランス感覚も上がるので、ハンドルを持たない手無し運転も容易にできるようになります。

自転車は、一輪車を2つ繋げて、ハンドルを付けたものです。

多くの人は、自転車は乗れるけど、一輪車は乗れないです。

つまり、何が言いたいかというと、自転車だけ乗りこなせれば、一輪車は乗れた方が良いけど、乗れなくても問題はないということです。

ここからは、頭を切り替えてほしいのですが、大周天を情報的にできるだけではなく、物理的にもできた方が効果は上がります。

そのためには、小周天よりも、下丹田とクンダリーニがおすすめで、この2つも物理的にもできた方が良いです。

下丹田で骨盤を正しい位置持っていき、クンダリーニで背骨の生理的湾曲を正します。

特に女性は、反り腰の方が多く、生理痛の痛みもひどくなるらしいので、骨盤を正しい位置に置くことは重要です。

正座をすると、足がしびれるのは、足の血管や神経が押し潰れて血流が悪くなるからです。

姿勢も同じで、背骨や骨盤が正しい位置にないと、血管や神経などが押しつぶされて、正常に機能しなくなります。

姿勢を正して、背筋が伸びていく感覚と、大周天で自分の情報的身体が大きくなっていく感覚は似ています。

その状態で、身体の中で気の玉を転がすと、それが小周天なのですが、気の玉の感覚はわかりやすくなります。

大周天のフィードバックの取り方は、難しいと言えば難しいのですが、わかりやすいのは、力が入りやすくなります。

筋トレにも使えますが、重い荷物など、持ち上げてみると、身体全体が使えるので軽くなったように感じます。

多くの人は、重い荷物などは、腕の力だけで持ち上げようとするので、重く感じます。

全身の筋肉が連動して使えるようになることで、身体が軽く感じたりするので、まずは、姿勢から見直しましょう。

ここからは、遠隔ヒーリング「内臓ヒーリング」のフィードバックです。

(ここから)
体感は特になかったのですが、朝起きたらなぜかいつもより気分がすっきりしていました。
ヒーリングは、内臓関係だったようなので、でも体とメンタルは関係していますから、ヒーリングのおかげ?と思っています。
(ここまで)

(ここから)
身体の内部より温まり、溜まっていた疲れが軽減しました。
また、不眠が本当にひどかったのですがヒーリング後は少しずつ改善していって楽に
なってきたおかげか精神的にも落ち着いています。
(ここまで)

(ここから)
ヒーリングのフィードバックですが、内臓をヒーリングしていただいたからか、今週は、全身の肌の状態が良いように感じました。
ありがとうございました。
(ここまで)

(ここから)
内臓の図解を見て、内臓を意識に上げてヒーリングを受けました。
また、後日、自分でも内臓を意識して、気を流してみました。
今週はいくつかブレークスルーが起こった週でした。
気分も調子もだんだん良くなってきました。
(ここまで)

次の遠隔ヒーリングは「下丹田」です。

お楽しみに!

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

フィジカル気功講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座