天使は微笑み悪魔は笑う

「笑う・笑い」に関する、抽象度の変化の話です。

「笑う」という言葉自体は、抽象的な表現で、具体的に「笑う」を指す表現や語彙はたくさんあります。

気功をする時や、現状から打破したい時も、笑うことで、抽象度の移動がぬるっと行われます。

タイトルの「天使は微笑み悪魔は笑う」ということですが、笑い方によって、相手にとっての印象は変わって来ます。

コミュニケーションを円滑にするためには、笑顔や笑いは必要ですが、「笑われている」と相手が感じてしまえば、場が急に冷めます。

「微笑み」と「笑う」の違いを英語で例えると、「smile」と「rough」の違いです。

 

「笑う」ということは、状況に対して、俯瞰している状態です。

笑えない状況だったりする時こそ、そこから抜け出すために「笑い」を取り入れましょう。

 

物語の世界でも、笑い方の違いによって、伏線になり、想像が膨らみます。

映画やドラマでは、役者の演技力によって、物語の状況が読めたりします。

歌詞の世界でも、音だけ聞いていると、「笑う」ですが、「笑う」と「嗤う」では、意味が変わって来ます。

見た目の笑い方で似ているのは、「微笑む」のと「ほくそ笑む」ことです。

「ニコニコ」しているのと「ニヤニヤ」しているのは微妙な違いがあります。

「ほくそ笑む」というのは、計画通りに事が進み、人知れず「にやり」と笑うことですが、「微笑み」の練習をしていると、ほくそ笑んでしまいます。笑

そういう時は、「微笑み」と「ほくそ笑む」を抽象的概念にして「smile」(スマイル)として、扱いましょう。

スマイルの良いところは、呼吸がしやすくなることです。
スマイルのまま鼻呼吸をしていみると、鼻腔が開いている感覚があると思います。

そして、スマイルをキープすることで、脱力も促せます。

「笑い」を意識に上げることで、「Rゆらぎ」も起こります。

積極的にスマイルを取り入れましょう。

 

気功メニュー表

出張気功整体・ヒーリング施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功講座『気功水』

はじめての神秘体験講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

解剖から学ぶ夜の気功整体講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座