気功で病気を治す方法。重要なのは治った確信と臨場感

病気は、一種の自己表現です。

なかなか病気が治らないのは、ずっと病気のままで居たいからです。

では、どうすれば良いのか解説していきます。

ホメオシスタスとは

無意識は、変化を嫌います。
今(現在)無事に生きられているのに、わざわざ行動パターンを変える必要がありません。

さらに、脳は無駄なエネルギーを使わないように、ものすごい手抜きをします。

スマホやデジカメで録画してみるとわかりますが、ものすごいの容量を使います。

脳は視覚入ったものを、ずっと録画をし続けている常態だと思って下さい。
なので一度観たものは、二度と見ないように手抜きをします。

ホメオシスタスとは、日本語で「恒常性維持機能(こうじょうせいいじきのう)」と言います。

外界の変化に対して、生体を安定的な状態を保とうとする機能のことです。

自分の体温が、冬でも夏でもだいたい36~37度くらいで保たれているのは、ホメオシスタスの働きによるものです。

暑ければ、汗をかき、寒ければ、ぶるぶる震えまて、丁度いい体温を維持します。

ホメオシスタスは、身体だけではなく、脳や心(情報身体)にも働きます。
気功は、脳や心の世界を書き換えます。

病気を維持したがるホメオシスタス

入退院を繰り返したり、病気の再発を繰り返す人は、病気でいる状態がホメオシスタスになっていることが多いです。

例えば、入院することで、懐かしい友人がお見舞いに来てくれたり、親族がやさしく接してくれたり、美人な看護師さんがやさしかったりします。
入院している状態が心地良い状態です。

子供が、一度病気をして、普段とあまりにも違う接し方をすると、仮病を使って、構ってもらいたがります。

他人にわざと迷惑をかけて、注目を浴びたいだけの人もいます。

歌の世界でも、「となりにいつも私はいるよ」などの内容の歌詞がヒットすることがありますが、誰かに認められたかったりと、孤独に耐え切れない人が多いようです。

学校で「はぶられて」、一人になってしまった人が、学校をやめたり、人生をやめたりするほど、不安を感じてしまう人がいます。

マズローの欲求5段階説で言えば、社会的欲求です。

では、どうすれば良いのかというと、「ゴール設定」です。
ゴールを現状に外側に作って、ホメオシスタスレベルで移動します。

そこで必要なのは、「臨場感」です。

臨場感とは、あたかもその場にいるような感じです。

脳はリアルと思ったものが、現実と思い込みます。

VRというバーチャルリアリティシステムで、画面の中で何か飛んで来たら避けてしまいます。

VRは画面だし、現実ではないとわかっていてもです。
小説や映画をみて、涙を流すのは、その臨場感に引き込まれているからです。

見ているのは、紙とインクだったり、光の点滅だけです。

病院に行ったら病気が治る理由

気功もそうですが、病院も少なからず、「プラセボ効果」はあります。

白衣を着た医者に症状を見てもらったり、配合してもらった薬を食道を伝って飲んだ、という確信が、この病気が治ると思い込み、身体が勝手に自然治癒していきます。

わざわざ「白衣を着た医者」と書いたのは、診察室に入ったら、短パンとTシャツの先生が机に座っていたら、不信感しかないということです。

ただ、そういう先生だと認知をしてしまえば、問題はありません。

病気を引き起こすセルフトーク

「こんなもん食べたら糖尿病になるな。」からはじまり、「通風になる」「風邪を引く」「頭が痛くなる」「肩が凝る」「腰が痛くなる」「腱鞘炎になる」「がんになる」「熱が出る」など、見事なまでに夢が叶うセルフトークをしている人をよくみます。

脳は、「レモン」と思っただけで、レモンを食べたことがある人なら、唾液が分泌されます。

気功はアンカーとトリガーの技術です。

アンカーは、日本語では「錨(いかり)」ですが、ここでは、記憶や体験のことをいいます。
そして、言葉(言語と非言語)によって、トリガーを引き、アンカーを引き出します。

キーワードというように、言葉は「言葉の鍵」です。
脳にある、宝箱という記憶を、言葉の鍵で開けます。

なので、セルフトークは大事です。
ドラクエで言えば、ミミックのような宝箱を好き好んで開けている人が多いです。
攻略できれば、経験値は上がると思いますが。笑

まとめ

冒頭に病気とは自己表現であるといいましたが、「病気は自分で作り出している」ということを知ってください。
学校や会社に行きたくなければ、勝手に風邪を引きます。

毎日が楽しければ、風邪を引いている暇などないはずです。
「日曜日に、また明日から会社かぁ~」と嘆く人がいますが、会社が嫌ならやめれば良いのに、といつも思います。

友人にもそう忠告すると、クリエティブアボイダンスが始まります。
「そうは言ってもね~」と社会や他人のせいにしてます。
自分で選んだ道なのに、自己責任がわかっていません。

「明日から旅行」という状況で、わくわくすることがありますが、会社も「明日からの旅行」状態に書き換えれば良いだけです。

病気にかかったら、ホメオシスタスレベルで、「自分らしくない」と思い込みましょう。

そして、病気でいる状態よりも、なりたい自分のゴールを観ましょう。

身近に病気になりたがる人がいたら、周りに入る人は、しっかりとその人の話を聞いて上げる事です。

話を聞くとは、何を望んでいるのか?何を欲求しているのか?をしっかりと見極めることです。

相手の話を否定形で返答するのは逆効果です。

気功技術に「エコー」という人の話を聞く技術がありますが、かなり効きます。

孤独が嫌ならば、人の役になることをしましょう。
勝手に人が集まってくる人になれば、逆に孤独な頃が懐かしく感じます。

「私はみんなから好かれている」
「私はみんなから必要とされている」という、大きな勘違いも重要です。

コミュニティーの中心人物は「俺がいなきゃ始まらないからなぁ」といつも思っています。

他人や環境を変えるより、自分を変えた方が、速いし簡単です。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座