足の裏の疲れを取るのにはふくらはぎのストレッチが効果的

疲れが溜まってくると、足の裏に痛みが出てくることがあります。

足の疲れを解消するために、足つぼマッサージに行ったりする選択を取る人もいますが、足の裏を強く押したところで、疲れが取れるか?というと疑問が残ります。

足の裏よりも、ふくらはぎの筋肉の緊張が、足の裏に影響していることが多いです。

足の裏を疲れを取るのには、ふくらはぎのストレッチが効果的です。

現代人は、平坦な道をある事が多く、ふくらはぎが全くストレッチされていないことが多いです。

坂道や山道を歩くと、自然と、前傾姿勢になり、ふくらはぎが伸びます。

もみほぐし屋さんに行くと、ふくらはぎのストレッチで、かかとを手で持って、前腕を使って、ストレッチしてくれますが、腕の力では、足の筋肉の力には勝てません。

筋肉量の関係で、手は手でほぐして、足は足でほぐすのが、効果的です。

ふくらはぎのストレッチは、自分でも、できます。

2つ方法があります。

一つはウォールプッシュアップです。

ウォールプッシュアップとは、壁に向かって、腕立て伏せをすることです。

この時に、かかとは地面付けたままやります。

そうすると、マイケルジャクソンの「Smooth Criminal」のPVのように、斜め立ちになり、ふくらはぎが伸びます。

もう一つは、フルスクワットです。

かかとを付けたまま、座り込みます。

他の言い方をすると、「ヤンキー座り」です。

トイレが和式から洋式に代わって、フルスクワットをする機会がほとんどなくなりました。

この2つのポイントは、反動を付けないでフォームにこだわることです。

腕立て伏せやスクワットなど、回数にこだわる人が多いですが、筋肉に負荷がかかるように、キレイなフォームで身体を動かすと、重いものを持たなくても、筋肉に負荷が掛けられます。

足の裏の疲れには、ふくらはぎをゆっくりと丁寧に伸ばして、解消してください。

では、遠隔ヒーリング「脳幹」のフィードバックです。

(ここから)
ヒーリング中はいつものようにあっという間に眠ってしまっていました。

ホルモンバランスの崩れる時期ですがヒーリングのおかげで睡眠が少し浅いながらも目覚ましが鳴るまで寝ることができ気分の落ち込みも少ないです。

知識を増やすことへの意欲が高く本を購入したり読書に励んでいます。
(ここまで)

(ここから)
早速フィードバックになりますが、受けている間はアタマがクールダウンする感じがしました。

次の日は、私らしくないくらいいつもよりもぼーっとして、何に対しても平坦なリアクションしかできなくなり(だからといって冷めているわけではないのですが)、不思議な感覚でした。

それから少しずつボンヤリ感はなくなってきているのですが、時折自分をもう1人の自分が冷静に見てるような感覚に陥ることがあります。

別に嫌な感じとかではなく、ふとした瞬間に視点が切り替わる感じです。
(ここまで)

脳幹は、ストレスマネージメントに効果的です。

次の遠隔ヒーリングは「腸腰筋」です。

お楽しみ!

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座