気功でレンタル楽器や中古楽器を効果的に浄化する方法

ほとんどのピアニストやドラマーは会場やスタジオにある楽器をレンタルします。

楽器を手に馴染ませる為に、本番前に1時間ほど練習をさせてほしいという申し出をするプレイヤーもいます。

気功を使って一瞬で手に馴染ませる方法を伝授します。

楽器を浄化する方法

気功の基本技術である「浄化と封入」使います。

1、まず楽器を触ります。

2、その楽器の情報をコピーすると思いながら気の玉を作ります。

3、手をチェックモードにして、気の玉の中に手を入れて左右に動かします。

この左右に手を動かす時はゆっくりです。
楽器と同じぐらいの長さの長方形の気の玉を作った方がわかりやすいと思います。
この時に、「ぴりぴり」する場所や「冷たかったり暖かったり」何か感触を感じる場所があります。

いちいち、「この冷たいのは前の人の・・・」など情動を走らせたり考えず、淡々とチェックしましょう。

「何か情報が詰まっているんだな」ぐらいの認識で大丈夫です。

4、チェックが終わったら、手を浄化モードに切り替えて、長方形の気の玉を「ずずずずっ・・・」と頭の中で音を立てながら、ゆっくりと気の玉をずらし、人のいない方向に飛ばします。

頭の中で音を立てるのは共感覚を使うためです。
周りに人がいない場合は、口に出しも大丈夫です。

5、新しく気の玉を作り、気の玉の中に普段練習している楽器を見ます。

気の玉に中に見える楽器はイメージの中で大丈夫です。
もしくは、普段使っている楽器のコピーと思って気の玉を作ります。

6、浄化した楽器に、「ぐりぐりぐり」と頭の中で音を立てながら、普段使っている楽器の気の玉を封入します。

これで一連の流れは終了です。

楽器にはそれぞれの癖があります。

脳は筋肉の筋力を無意識にコントロールしています。

これをコンピューターにやらせてみるとわかりやすいです。

コンピューターは計算機のようなものです。
パワーを10と入力すれば、ずっと10のパワーを出し続けます。

脳は音の強弱にあわせて、6だったり10だったりと、無意識に筋力を計算してくれます。

楽器を浄化して、自分の気の玉を封入するのは、自分で自分の脳をだます為です。

意識は変化したがりますが、無意識は変化を嫌います。

それがホメオシスタスです。

レンタルの楽器でミスタッチをしてしまうのは、脳が「いつもの楽器との感触と違いに違和感を感じている」からです。

レンタル楽器で説明しましたが、中古楽器や、新品の楽器でも効果的で、すぐに手に馴染むようになります。

メンテナンスとしても、使い慣れた楽器に浄化するもの変化が感じられるので面白いです。

楽器を売りに出す時に、なんか心苦しい時は、浄化だけして、中古楽器屋に持っていけば、心置きなく手放せます。

やり方がわからない方は、「はじめての気功講座」を受講して下さい。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座

コメントを残す