英語の基礎の文法。時制も取り入れた否定文の作り方とまとめ

「イエスマン」と言われてしまう、日本人。。。

しっかりと、「断れる」表現も覚えて、一目置かれる存在になりましょう。

現在、未来、過去の時制も取り入れた否定形の作り方を解説します。

否定形の基本

be動詞の後ろに、否定を意味する「not」を付けます。

I am not ~

He isn’t ~

It isn’t ~

You aren’t ~

We aren’t ~

I wasn’t ~

She wasn’t ~

You weren’t ~

They weren’t ~

I won’t(will not)  be ~

と、こんな感じです。

動詞の場合は

現在形なら動詞の前に「do not(don’t)」を付けます。

「HeやShe」などの三人称単数なら「dose not(doesn’t)」にします。

過去形なら、「did not(didn’t)」です。

未来系なら、「will not(won’t)+動詞の原型」です。

I don’t like ~

He doesn’t like ~

She didn’t like ~

You didn’t like ~

I won’t like ~

などと、こうなります。

時制表現と否定形も取り入れた例文

  • 現在形 原形
  • 過去形 動詞の過去分詞
  • 未来系 will+動詞の原形
  • 現在進行形 動詞にing
  • 現在完了形 have +動詞の過去分詞
  • 現在完了進行形 have+been+動詞にing
  • 過去進行形 was(were)+動詞にing
  • 過去完了形 had+動詞の過去分詞
  • 過去完了進行形 had+been+動詞のing
  • 未来進行形 will be+動詞にing
  • 未来完了形 will have +動詞の過去分詞
  • 未来完了進行形 will been have +動詞にing

を、まとめて一気に並べてみました。
それにプラスして、否定形も混ぜて例文を作りました。

※()の訳は直訳です。

I study English.
(私は英語を勉強する)

I don’t study English.
(私は英語を勉強しない)

I didn’t study English.
(私は英語を勉強しなかった)

I studying English.
(私は英語の勉強している)

I studied English.
(私は英語の勉強をしていた)

I will study English.
(私は英語を勉強するつもりだ)

I won’t study English.
(私は英語を勉強しないつもりだ)

I have studied English.
(私は英語を勉強しています)

I haven’t studied English.
(私は英語を勉強していません)

I had studied English.
(私は英語の勉強をしていた)

I hadn’t studied English.
(私は英語の勉強をしていなかった)

I will have studied English.
(私は英語の勉強をしているだろう)

I won’t have studied English.
(私は英語の勉強をしていないだろう)

I am studying English.
(私は英語の勉強をしている)

I am not studying English.
(私は英語の勉強をしていない)

I was studying English.
(私は英語の勉強をしていた)

I wasn’t studying English.
(私は英語の勉強をしていなかった)

I will be studying English.
(私は英語の勉強をするだろう)

I won’t be studying English.
(私は英語の勉強をしないだろう)

I have been studying English.
(私は英語の勉強を続けています)

I haven’t been studying English.
(私は英語の勉強を続けていません)

I had been studying English.
(私は英語の勉強を続けていた)

I hadn’t been studying English.
(私は英語の勉強を続けていなかった)

I will have been studying English.
(私は英語の勉強を続けているだろう)

I won’t have been studying English.
(私は英語の勉強を続けていないだろう)

まとめ

普段は意識して、話していない文法も、こうやって一覧でまとめてみると、細かい違いがあります。

こうして、一度意識に入ってしまえば、後は、「使ってみて、間違っていたら修正をして」の繰り返しです。

脳は、認識をしていないものは、意識できませんし、見えません。

これから、映画(洋画)を見たり、海外ドラマを見たり、英字新聞、洋書などを読んだ時に、「なんかこの文法見たことある」と、なれば頭に入っている証拠です。

上の例文を全部、英語と訳とセットで、声に出して読むと効果的です。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座