英語の文法で動詞の時制が解らなくても伝わるテクニック

英語の時制は、文法の山場とも言われています。

今回は、現在進行形について解説をします。

ちょっとしたテクニックで、動詞の変換がわからなくても、時制が伝わる方法もあります。

現在進行形

文法のルールは、「be動詞+一般動詞~ing」です。

その一
ingの付け方は、大抵はそのままingで大丈夫です。

その二
e で終わる動詞はe をとってingを付けます。

have → having
come → coming

その三
1母音+1子音で終わる動詞には最後の文字を続けて書きます。

run → running
stop → stopping

その四
ieで終わる動詞のieをyに変えてingをつける

die → dying
lie → lying

です。

英語を書くのは、しゃべるよりも高度なスキルです。
動詞をなんとなくingを付けてしゃべれば、スペルがわからなくても大丈夫な場合が多いです。

スペルが知りたかったり、わからなかったら、インターネット上にある、weblioの英和和英辞典で単語を入力すれば、進行形、過去形などスペルがわかります。

時制の裏技テクニック

会話をしている最中に、細かいことがわからなくなったら、基本に戻って、とりあえず現在形で話しましょう。

そして、文の後ろに、「時を示す単語や時の表現を言う」と、言うと、何時のことを話しているか伝わります。

例えば

I get up at 7am.
私 起きる 時刻は 午前7時

My mother leaves home by 8am.
私の母 出発する 家 期限は 午前8時

と、時刻を行ってしまう方法や

right now
ちょうど 今

after 3days
3日後

next month
来月

one year later
一年後

などの表現も少しずつ覚えていくと、話の説明が上手になります。

byとuntilの違いは

辞書にはどちらも「~まで」と
載っていることが多いですが

by = 期限は
until = ずっと続けて終わりは

と言う感じに、訳します。

by は期限と覚えて、
until は期間と覚えると覚えやすいです。

byはピンポイントのイメージです。
なので「期限は」と、読み取ります。

untilはずっと続いているイメージです。
ずっと続いているけど、終わり(何かがある時点)もあります。

Wait here until my brother comes back.
待て ここ ずっと続けて 私の兄 戻ってくる

直訳すると、「ここでずっと待っていれば、私の兄は戻ってくる」という意味です。

この例文の、ずっと続いているけど、終わりの期間は、兄が戻ってくるまで、と言うことです。

まとめ

今回出てきた、「at」「by」「until」は前置詞です。
前置詞は別の記事で解説します。

前置詞と時を表す表現を組み合わせることで、時制の表現が上手になります。

まずは、今回出てきた3つの前置詞を組み合わせたり、現在進行形の「ing」を動詞に付けて、「何々をしている」という文章を作れるようにしましょう。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

フィジカル気功講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座