基礎から始める英語の文法。自分で英文法を作る勉強方法

自分の言いたいことや伝えたいことの基礎となる文法と、簡単な英文章を作る方法です。

英語脳になる為の最初の訓練です。

日本語とは文章の作り方が違うので、英語の感覚を手に入れて下さい。

(主語+動詞)+目的語

主語 は(Subject) 、動詞 は(Verb)、目的語 は(Object)ということから、「SVO型」と省略されています。

主語と動詞だけでも、なんとなく意味は通じます。

主語と動詞に目的語を付けると、文章に説明が付き、さらにわかりやすくなる感じです。

例えば、

私 食べる 苺
主語 動詞 目的語

I eat a strawberry.

になります。

「I eat」で「私は食べる」となり、「何を」が目的語で、「いちご」と説明をしています。

日本語に翻訳をしてしまうと、「私は苺を食べる」になりますが、英会話をしている時は、一瞬で文章を作らなければ、会話のリズムがずれて行きます。

普段から、英語脳をつくるのであれば、日常会話でも、(主語+動詞)+目的語を意識しましょう。

ここをすっ飛ばしてしまうと、基礎が出来ていないので、応用が効きません。

英語の教材や教科書の丸暗記だけで、英会話が出来るようにならないのは、自分で文章を作る練習をしてないからです。

日本語でも、ことわざや四字熟語など、「この状況の時はこのことわざを使ってください。」と、教わっても、使い慣れていなければ出てこないと思います。

「英語はスポーツ」というだけあって、訓練が必要です。

SV+O型の例文

I read a book.
私 読む 本

I think the future.
私 思う 未来

She likes Music.
彼女 好き 音楽

My mother cleans the room.
私の母 掃除する 部屋

A dog catches a ball.
犬 捕まえる ボール

と、このようになります。

日本語訳は「てにをは」などの助詞を抜いてます。

例文では訳の順序が反対ですが、日本語で英語の文法を考えてから、英語に翻訳しましょう。

推理ものの海外ドラマの中でよく出てくるのは、

I guess John ~~~.
私 推測する ジョン ~~

などと、犯人の推測をしている時に、「I guess」がよく出てきます。

主語と動詞がわかるようになるだけでも、英語が楽しくなってきます。

まとめ

例文の丸暗記では、英会話は上達しません。
とにかく自分で文章を作ることです。

主語+動詞+目的語の3語文は会話の基礎です。

基礎の土台となるのが「主語と動詞」です。

2語文の主語と動詞を作ることが慣れていないと、3語文は少し難しいかも知れません。

基本を忠実に、コツコツと練習を重ねていくことが上達の近道です。
3語文を一日1文章で大丈夫なので、ノートに書き溜めて行きましょう。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座