光共感覚を使ってリズム感をつけるコツ。カラクリは音を観る

気功師から見たリズムトレーニングの方法を解説します。

聞きなれない単語があるかも知れませんが、よく読めば理解できます。

光共感覚を使ってリズムを見る

まずは、光共感覚という言葉から確認して行きましょう。

光共感覚とは、情報を光で見ることです。

光というと赤や青などの、光の色のことだけと思いますが、広い意味では「映像」も含みます。抽象度の問題です。

共感覚とは、「聴覚」「味覚」「視覚」「触覚」「嗅覚」の5つです。

「がぶっぅ」という音を聞いて、りんごをかじっている絵が想像できたら、音から光に変換できたと言えます。

聴覚に入った情報が、視覚情報に変換されたという事です。
これは脳の「認知エラー」によるものとされています。

共感覚者と呼ばれる人もいます。
共感覚者は、「がぶっぅ」の例で言えば、匂いも味も食感(触感)も同時に感じたりします。

数字も「1」と「2」では、色が違ったり、音楽で言えば、「ド」と「レ」の音を聞いて頭の中では見える色が違います。

共感覚者は、何が良いかと言うと、記憶力が良い方が多いそうです。

ただ、「能力なんて無い方が幸せだよ。」という人もいるぐらい、絶対音感もそうですが、共感覚も邪魔くさく感じる方もいます。

共感覚者は先天的な方が多いですが、訓練次第で後天的にも身につけることが出来ます。

そろばんが出来る人が、頭の中にそろばんがあったり、ピアニストの頭の中には、楽譜とピアノがあったり、と言う感じに今回はリズムが観れる方法をレクチャーします。

リズムを観る方法

ゼンマイを巻いてカチカチと音の鳴る振り子のメトロノームで、クリック練習をしていた方は、頭の中に振り子のメトロノームがあると思います。

最近は電子メトロノームが主流です。
クリック音と光の点滅でリズムがわかるようになっていて、光の点滅は視覚的にもわかりやすいと思います。

その光の点滅を頭の中で観る訓練すると、レコーディングに強くなります。

「ピッコッコッコッ」と鳴っているメトロノームの音を、映像で観ます。
ピッの部分が笛で、コッコッコッがカウベルのような何か叩くものだったり、そのメトロノームのまま「赤い光」で見たりと自由に観て下さい。

バンド演奏のリズムはドラムで取ります。
バンドで演奏される方は、ドラムセットを頭の中で鳴らせると良いです。

実際にどうやったら、ドラムセットが頭の中で再生できるかと言うと、実際にドラムセットを叩くことです。

バスドラを踏んで、ペダルが動いて、ヘッドと呼ばれる膜が振動するのをしっかりと観て下さい。

鳥が好きな人が鳥の鳴き声だけで、「何鳥」と言い当てられるように、その鳥を知らなければ、鳥の映像は頭の中で観えません。(セミも同様です。)

まずは「知る」と言うことが需要です。

ドラムを叩くだけではなく、分解して組み直すぐらいのことも必要ですが、シンバルを触って、「冷たいな」と感じたり、バスドラを持ち上げて「重たいな」など、「傷がついているな」と突っ込みを入れたり、五感で味わってください。

その情報を元に、頭の中でドラムセットの映像が再生できるまで続けて下さい。

大晦日に「ゴ~~~ン」という音が聞こえたら、お寺の鐘が頭の中で再生させる方も多いと思います。原理は同じです。

リズムは、ドラムマニアや太鼓の達人のような感じに、流れてくる音に対して、もぐら叩きのように、丁度良い所で音を奏でるだけです。

そうすることで、リズムを感じることができて、リズム感もつきます。

聞いて音が感じられないのなら、視覚野を発火させてで音を感じましょう。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座