洗脳されやすい人とはどんな人なのか。洗脳の時代を生き抜くためには

洗脳という言葉自体は、怖いイメージがあると思います。

洗脳はされたくはないと思っていますが、洗脳されていない方はいないというのが、真実です。

「会社の人間関係」の記事を読んで、受講生の方から、私は、洗脳してしまっているのかな?という感じのメールを頂きました。

冒頭に洗脳されていない方はいないと書きましたが、周りを見渡せば、洗脳合戦が行われています。

どの抽象度で観るのか?という視点が重要ですが、例えばこんな例があります。

Aさん「今度面白そうな映画があるんだけど、観に行かない?」

Bさん「いいよ。」

と、何気ない日常会話ですが、これも、共感覚による内部表現の書き換えです。

どういうことかと言うと、Bさんが全く興味なかった映画をAさんが誘い出し、観に行きたいと思わせる様に、内部表現を書き換えてます。

メディアや広告はほしいと思わせる様に、内部表現を書き換えてます。

そして、「いいよ」と簡単に言ってもらえるには、ラポールも重要になってきます。
広告に有名人や芸能人が使わるのはこの為です。

ナンパのように、見知らぬ人にいきなり言われても、よっぽどのことではない限り「いいよ」とは簡単に言わないはずです。

包丁のような刃物と同じで、使い方によって、機能が変化します。

気功と言う「共感覚による内部表現の書き換え」は、コンピュータープログラムの世界では、ハッカー(Hacker)と言います。

ハッカーとは総称ですが、クラッカーやアタッカーなどもいますし、ホワイトハットというヒーリングの世界でいう、ヒーラーもいます。

ハッカーのwikiのページ

気功技術を使わなくても、人は他人を洗脳は簡単にしてしまっています。
注意したいのは、「一方的な利益の為に使わないで下さい。」ということです。

気功技術は強力な武器にもなってしまうので、「護身のためも知っておいた方が身の安全は守れます。」というのが、表向きな発言になります。

日本刀を鍛錬して、販売して、「決して知らない他人には使わないで下さい。」「コレクションにしないで下さい。」という矛盾がありますが、やはり、護身のためにとしか言えません。

タイトルにある、洗脳されやすい人とは、ツッコミができなかったり、疑いが少ない人です。

他人に口を出すと、口論になってしまうので、時と場合によりますが、常に反論し続けます。どういう人だか想像はつきますよね?

気功で言うならば、科学の視点で反論や、宗教やスピリチュアルなどの視点で反論することです。

反論に反論を繰り返してものを見ると、本質が見えてきて、判断ができるになります。

疑いが少ない方が、良いのか悪いのかというと、経営者や社長になる人は、自分に疑いがない人が多いのです。

高学歴と呼ばれる人も、自分が頭が悪いという疑いがないので、たくさん勉強します。

なんでも諦めてしまう人は、自分は頭が悪いからと、一生懸命に自分に疑いをかけています。

自己洗脳が上手な人を「大いなる勘違い者」や「根拠のない自信家」と言います。

なんでも「怖い~」と言って、思考を停止する人は、放っておくしかないですが、本質を見抜く訓練は重要です。

洗脳の時代を生き抜くためにも、気功のカラクリを追及するのはよいきっかけになると思います。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座