体重を乗せる気功技術「身秘の糸」と閉鎖循環の「五芒星」

腕や足に体重を乗せることに何の意味があるのか?と、疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、運動やスポーツの世界では重要です。

まず、「身秘の糸」とは、身体の秘密の糸のことです。

私自身過去に、少林寺拳法、剣道、柔道、社交ダンス、サッカー、水泳など、経験は短いですが、身体を動かした経験があります。

楽器の演奏も、身体を動かすと言えば、同じです。

ピアノ、キーボード、バイオリン、トランペット、ドラムス、ギター、ベース、パーカッション類など、様々な楽器も扱ったことがあります。

その頃に身秘の糸を意識して身体を動かしてたら、もっと楽しかっただろうなと、容易に想像できます。

さて、その秘密の身体の糸とは、小指のラインのことです。

武道や武術の経験のある方は、小指が急所だということは知っています。
相手の身体を崩したり、自分の体重を乗せるのは小指のラインです。

とものりワークスでは、身秘の糸の使い方を、もう少し突っ込んだ使い方を伝授します。

腕の場合は、小指のラインですが、脚にも、身秘の糸はあります。
柔道の経験がある人はピンと来るかも知れません。

腕と脚の身秘の糸を意識するだけで、劇的に身体のパフォーマンスが上がります。

スポーツや運動で言えば、ゴルフ、野球、陸上、テニス、バレエ、社交ダンス、格闘技など様々な業種に応用が可能です。
料理で使う包丁さばきも上手になります。

整体師やセラピストも、体重の乗せ方が上手になり、圧が入るようになります。

楽器の演奏で言えば、ピアノのフォルテッシモが出しやすくなったり、フットペダルの踏み込みが楽になります。

弦楽器は、ビブラートのコントロールがやりやすくなると思います。

ドラムは、足やスティックに体重が乗ると、力を入れなくても音が大きくなるので、身体の負担が減ります。

小手先でどうにかしようとするのではなく、「腕の良いね」と言われるように、腕の意識が必要です。

楽器演奏や運動だけではなく、日常生活でも役立ちます。

日本人の歩き方は、前面に意識があり、膝を痛めやすいです。
そうではなく、歩くときは、背中に意識を持って行って、背中の大きい筋肉やハムストリングスを意識して歩きましょう。膝裏の足底筋も使えるようになります。
プラス、腸腰筋も意識して活用できると、もっと綺麗で楽に歩けます。

もちろん、身秘の糸も活用します。
足に体重が乗るので、押し出されるように、身体が勝手に動きます。
大きい筋肉とインナーマッスルを使うので、身体が軽くなったように感じます。

古武術を活用して、介護士の方が利用者さんの身体の移動する方法などもありますが、自分と相手の身秘の糸を意識すれば応用は利きます。

身秘の糸はシンプルですが、使い方次第では、万能です。
糸の導くがままに身体を預けるだけです。

次に「五芒星」です。

大周天と小周天を同時に行いつつ、テストステロンも分泌させます。

大周天自体、小周天を包摂してますが、五芒星は大周天と小周天を同時という感覚です。

テストステロンは、男性ホルモンのことです。
力が出ます。

気功技術でホルモンを分泌させるのは、不思議に感じますが、気功技術のカラクリがわかっていれば、可能だと理解できます。

テストステロンの他には、「成長ホルモン」「アドレナリン」のホルモンの技術があります。
かなりやばいです。

タイトルに閉鎖循環とありますが、閉じた系のことです。

気を循環させます。その意味では、小周天や大周天と同じです。
ウロボロスの蛇をイメージしても面白いと思います。

この2つは気功整体スクールで学べます。

気功整体スクールの案内はこちらです。

気功整体スクールは、身体のことがかなり学べると内容になってます。

身秘の糸が見えてくると、柔道も合気道も少林寺拳法も違った目線で見れて、感心しか出てきません。

身秘の糸と五芒星を知ると、身体を動かしたくなったり、日常生活で歩くだけでも楽しくなってきます。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座