「お腹のというより頭がクリアになった感じがして…」腸内フローラ

遠隔ヒーリングの「腸内フローラ」のフィードバックです。

遠隔ヒーリングのルールの変更と利用方法に関してはこちらの記事をお読みください。
「遠隔ヒーリングのルールを変更に関して」

前の記事にさらに解説を付け足します。

現代気功は認知科学ですが、同時に、機能脳科学でもあります。

機能脳科学は英語表記にすると、「functional brain science」です。

functional(ファンクショナル)は機能という意味ですが、「関数的な」という意味もあります。
関数は、functionです。

関数とは、入力=f(x)=出力 です。

笑点の大喜利の、「なぞかけ」みたいなものです。

お題があって、落語家がいて、とんちを利かせた答えを出します。
「○○とかけまして、○○と解きます。その心は?」

遠隔ヒーリングのフィードバックは、テーマがあってそれに伴った気功を使って、脳と言うブラックボックスに入れたら、こんなフィードバックが出ました。という流れです。

セルフヒーリングも同じです。

1日、1週間、1ヶ月、半年、1年と、自分の変化に気付かなかったり、何も考えないまま、時を過ごすのは、DIR EN GREYの京さんのように、「お前ら生きてるのか?」と問いただしたくなります。

問題は、ここからです。
「体感がありませんでした。」とフィードバックでも、構わないのですが、それで終わりにしないことです。

「体感がなかった」という問題定義ができたのなら、次の行動に移すだけです。

メールや講座では、質問があれば、答えますし、特になければ、大きなお世話なので、本人には多少のことしか言いませんが、ブログには書きます。笑

直接本人に言うと、「否定された」や「攻撃された」と勘違いしてしまう可能性がありますので、ブログで読んで自分のコメントを客観視してほしいです。

脱洗脳は気付くことで、次の系に移れます。気付かなければ抽象度も上がらず、コントロールもできません。リアリティーを揺るがしましょう。「Rゆらぎ」
気付く能力を養うためにも、無償一斉遠隔ヒーリングを利用してほしいです。
ネタバレ程、人生をつまらなくさせるものはないです。(とは言いつつ、このブログはネタバレだらけです。字が読めれば…)

一見さんからの「体感がなかった」というフィードバックに関して、私は返信をしますが、そこで連絡が途絶えるので、もったいないと思ってます。

無償なので、見返りは求めてませんが、せっかく申し込んだのなら、何かリアクションは欲しいというが本音です。

アルバイトやパートや契約社員や正社員を雇って、初日でバックられたようなものです。
これまでの面接とあの時のやる気はなんだったの?という感じです。
相性の問題もありますので、「まあ、しょうがない」と、先に進むだけですが…。
わくわくして扉を開けたら、すぐに逃げ出したくなることはあります。

アイドル戦国時代というのがありましたが、アイドルの扉を開いて、実際にアイドルになってみたら、全然ファンが付かないし、ダンスは大変だし、ギャラは少ないし、メンバー内の人間関係は思った以上にギクシャクしてしまう感じです。

前の記事で、忍術のキーワードも出しましたが、漫画の「NARUTO‐ナルト‐」の主人公に、「まっすぐ自分の言葉は曲げねぇ…それがオレの忍道だからよ」というセリフがあります。

忍術の話なら、なんでもありなので、もっとやばそうな漫画になりそうですが、忍道なので「少年ジャンプ」っぽいですし、少年誌向けで合っているのかなと思います。

剣道ではやってはいけませんが、剣術なら、拾った石は投げるわ、砂をばら撒いて目くらましするわ、と、やりたい放題です。結果が全てのまさに必死の真剣勝負です。

「術」と「道」の違いに触れましたが、自分の歩いたところが自分の道になるので、自分の道はあっても良いのです。

アントニオ猪木さんの「道」。

ただ、「他人の引いたレールの上を歩くだけはどうなの?」ということです。
新興宗教やスピリチュアル系の人達の世界観はそういう感じに見えます。それが洗脳でしょ?と思います。

毎回「体感がありました」などのフィードバックを送ってくる人に対して、「それは間違っている」と否定して言ったことはありませんし、その人の道(ルール)がそれなら、それはそれで良いと思ってます。

他人に止められても、進んでしまうのがゴール設定の強みなので、体感がゴールなら、それはそれで良いという事です。

とものりワークスのリーダーとして、ある程度の方角は指しますが、「俺の道の後に続け」とは思いません。
私が辿った道であった出来事の感動は伝えます。

ルールはないと前の記事で書きましたが、社会的ルールはお伝えしていて、自己責任で、ということは言います。
ルールがないというのもメタファーで、最低限のルールはありますが、厳しいルールがないというだけです。

ちょっとでもルールをはみ出したら、「マナーを守れよっ」と、人前で怒鳴りちらす人に、「あなたの言っているマナーって何ですか?」と逆に聞きたくなるようなことはしない、という意味です。

ルールがないというルールが「名指し」ができて、それをフレーム化できます。
それが、魔術的な働きをします。
「自由だよ。」「なんでもありだよ」と言われると、何をしようかと思考し始めると思います。

自由という名の不自由というよりかは、不自由という名の自由を楽しんで下さい。
脱洗脳という名の洗脳という感じです。(意味がわかると恐ろしいこと言っていますが、多少のモラルはあるので安心して下さい。)

ルールがないのが、ルールのパラドックスですが、無限論の話と似ています。

数が数えられ切れないから無限なのに、なぜ、無限だと言い切れる?という実無限と可能無限の話です。

R2D2のフレーム問題のように、固まってないで、「そんなのどうでもいいから行動しろよ。」と思います。暴言を吐きたいところですが、グッと堪えてます。察してください。(誰か私にピエタをかけて下さい。と言うのは冗談です…)
「フレーム問題」とは何かはwikiを参照して下さい。

それを踏まえて、AI(人工知能)の「ディープラーニング」と「教師なし学習」を覗くと面白いと思います。



スッキリしたところで、フィードバックです。
「腸内フローラ」と検索して、初めてこのブログとこのページにたどり着いた人は「なんのこっちゃ?」と驚いているでしょう。笑

(ここから)
ダイエットしようという気に成り、食事の量が減りました。
(ここまで)

(ここから)
横になりながら体験してみましたが、今回は特にこれという体感を感じることはありませんでした。
(ここまで)

(ここから)
遠隔中の体感は感じず、また途中で眠っていました。

体感が気功の本質ではない、というブログがすごく理解できました。

ここのところ体調を崩しており夏風邪をひいているのですが、腸内フローラのヒーリングのおかげか、お腹の調子は良いです^_^
(ここまで)

(ここから)
ヒーリングが始まるとお腹の方に気を感じて、感じていると時間までウトウト寝てしまっていました。

腸内フローラということだったので、快便になったりするのかなと思っていたのですが、お腹のというより頭がクリアになった感じがして、
気持ちの整理がスッと出来たり、睡眠が少し改善したり、自分に今必要なメッセージが入ってきたりといった1週間でした。

腸と脳は繋がっているとか腸は第2の脳だとか言われるからかなと思いとても面白いなと思いました。
(ここまで)

(ここから)
暑さで疲労してぼーっとしてたせいか、遠隔中は特に感じませんでした。

朝起きてから、体が緩んでるのが分かり遠隔の効果を感じられました。
(ここまで)

(ここから)
ヒーリング中はお腹の中が暖かくなる感覚がありました。

また関係があるのかどうかはわかりませんが、たまたま
入ったお店で食べた野菜がやけに美味しかったです。
もしかしたら腸内細菌がオリゴ糖とか食物繊維を求めていて、
それが味覚に作用したのかなと思いました。
(ここまで)

(ここから)
今週はとてもお腹の調子もよく、
お通じもどっさり。と言った感じで
学生のときに私は絵を学んでいたのですが、
画塾の先生が、太極拳をはじめて半年くらいのときに、
痩せてはいないんだけど便通が良くてうんこが、なにかに包まれたように、キレが良いんだ。
と、愛犬の健康管理をうんこで測るように
笑顔で聞いてもないことを、自ら語り出したのを思い出しました。今週、食あたりもなく調子よく過ごせました。
(ここまで)

(ここから)
お友達にも指摘されましたが、お肌の調子がやたら良いです。
それと、あまり感情的にならない1週間でした。
振り返ってみれば、落ち着いて対処できていた、という感じです。
(ここまで)

今回は、腸と腸内常在菌叢に働きをかけました。

フィードバックに、腸と脳が繋がっているということには、反論はありませんが、腸が第2の脳というのは、口と腸と肛門だけで、脳がない生物もいますので、私は、脳が第2の脳と思ってます。

脳や内臓は副次的なもので、餌の判別や探すために発達し、内臓は、消化吸収を助けるために発達したという感じです。

食べ物を消化するのは微生物である腸内常在菌叢です。

ビタミンCを摂取したいと思って、直接、点滴でオレンジジュースを血液に投与する人は、いません。

お腹が空いたことを知らせるのは、腹の虫です。
腹の虫とは腸内常在菌のことです。

我々は、菌と共生しています。
お腹が空いたという腹の虫の情報を受け取って、「ご飯を食べなきゃ」という思考が出ています。
詳しく知りたい方はこちらの本を読んでください。

次の遠隔ヒーリングは「箱庭」です。

お楽しみに!

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

フィジカル気功講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座