丹田を鍛えるのと体幹を鍛えるのと同じようなもの

視点を上げてみれば、丹田も体幹も同じようなものです。

同じようなものなのですが、どこが重要なのか?ということが論点です。

それは、腹・肚(はら)です。

最近の講座では、人形を使って丹田を鍛えるワークをします。

動作だけで見ると、人形をお腹に押し込んで、お腹を凹ませます。

お腹が凹んだ時に、背骨が立って胸が膨らんで行けば、ちゃんとできてます。

では、体幹は?というと、体幹はお腹に力が入っている状態です。

体幹トレーニングでお馴染みなのは「プランク」だと思います。

プランクは腕立て伏せのポーズを肘で支える感じです。

共通することは、腹筋群を締めるということです。

腹筋群は、腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋の4枚の筋肉で構成されています。

細かく観れば、違うのですが、まずは、腹に力を入れましょうというのが、丹田と体幹が同じようなものと言っています。

腹部には、背骨しか骨がありません。

背骨と、脊柱起立筋群で上半身を支えています。

そこで、腹に力を入れることで、腹筋群を固めて、幹(みき)のようにします。

体幹という漢字は、まさにそれを指しています。

背骨と脊柱起立筋群だけではなく、腹筋群も使うことで、脊柱起立筋群の負担を取ります。

そうすることによって、上半身の脱力にもつながります。

腰痛がある方は、腰にベルトを巻くように、整形外科や接骨院で処方されたりすると思いますが、要は、腹筋群を締め付けて、幹のように身体を支える為です。

ただ、腰にベルトを巻いて、腹筋群を締め付けても、長期的みれば、腹筋群を弱らせてしまうので、自力で腹筋群に力を入れ続けたいのです。

そのためには、アンカーとトリガーの技術である、気功を取り入れると便利です。

腹圧は、聞きなれない方が多いと思いますが、まずは、腹に力を入れられれば、丹田、体幹、腹圧と細かく、使い分けられます。

時代や使い方によって、名称が分かっていきますが、腹に力は入れておきましょう!

良くわからなければ、ずっと腹を凹ませている感覚から始めても、良いかも知れません。

それだけでも、背骨が立ち、胸が開き、呼吸が楽になります。

では、遠隔ヒーリングは「成長ホルモン」のフィードバックです。

成長ホルモンは、成人になると年に1パーセントずつ減少して行くとも言われています。

成長ホルモンの出し方は、運動によって出ます。
運動は重要です。

アンチエイジングの気功技術でもあります。

(ここから)
最近なかなかスムーズに寝付けなかったのですが、ヒーリングを受けた夜は久しぶりに安眠できました。
(ここまで)

(ここから)
好転反応なのかニキビが出来たり、体温が上がり風邪を引いたように少し熱っぽく頭痛がしました。

成長ホルモンということで傷跡の治りが早かったり、爪や髪の成長が早いように感じました。
(ここまで)

(ここから)
精神的に落ちていましたが、這い上がることができてます。
(ここまで)

(ここから)
ヒーリング後はいつもより寝つきが良く、
よく身体が休まりました。
また夜勤のある仕事をしていますが、
今週はあまり疲れにくく体調が良いと感じました。
(ここまで)

次の遠隔ヒーリングは「ゴール」です。

お楽しみに!

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座