日常会話に使える英語の文法。説明や感想を言いたい時は

英語圏の方と友達になってからの、使える日常の英会話の例文です。

語彙を増やせば、感想や説明や共感ポイントが充実します。

まずは簡単な、3語文から始めましょう。

「やばい」は、やばい

今回、解説するのは、

主語 + 動詞 + 形容詞

の3語文です。
英会話初心者でも簡単に出来る、基礎の英文法になります。

形容詞は、評価だったり、感想や説明などに使います。
主語に来る単語の、評価や感想です。

例えば、

This dog is cute.
この犬 は かわいい

だったら、「この犬」は「かわいい」と、「かわいい」は「犬」への感想です。

基本は、「good」か「bad」の「良い」か「悪い」で表現できます。

最近の若い日本人は、全部「やばい」で済ましてしまう方も中にはいますが、英会話を勉強すると、表現力を気にするようになり、言葉が豊かになります。

日常会話に使える英文集

This room is good.
この部屋 は 良い

This room is bad.
この部屋 は だめだ

This room is great.
この部屋 は すごい

This room is wonderful.
この部屋 は 素晴らしい

This room is no bad.
この部屋 は 悪くない

This room is OK.
この部屋 は ダメじゃないね

This room is all right.
この部屋 は まあいい

This room is cute.
この部屋 は かわいい

This room is bad smell.
この部屋 は 臭い

I’m happy.
私は しあわせ

I’m angry.
私は 怒っている

I’m sad.
私は 悲しい

I’m surprised.
私は 驚く

解説

例文では、主語を「This room」で作りましたが、ここをいろいろ変えて、練習してみて下さい。

西洋の文化は白黒がはっきりしていて、「Yes」か「No」をはっきりしなければならない、と言う先入観もある人もいるかも知れませんが、あいまいな表現もあります。

とっさに、なんて表現していいかわからなければ、顔の表情や身体の動きも加えて、「good」か「bad」のどちらかをいいましょう。

言葉だけで、意思を伝えようとするのではなく、身体も使って(ジェスチャー)会話すると、どんな気分なのかも伝わります。

日本に住んでいる私の知り合いの外国人の返事は、いつも「はい」か「いいえ」です。
日本語だと、「いいよ」「OK」「大丈夫」「そうだよ」などいろんな返事の仕方があります。

「good」と「bad」と「Yes」と「No」だけだと、あんまり言葉を知らないんだな?と、思われるかも知れません。

「good」「bad」「Yes」「No」だけでも会話が成り立つので、問題はありませんが、円滑にコミュケーションを取りたい場合は、いろんな表現方法を知っているだけで、話を理解してもらっている感が相手に伝わります。

まとめ

この、「主語+動詞+形容詞」は、独り言でも練習が出来ます。

その時に、主語にあたる名詞の単語がわからなければ、後で調べれば良いだけです。

この練習をしていると、単語力もつきますし、語彙も増えます。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

フィジカル気功講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座