英会話初心者に必要な英文法のまとめ。おすすめの勉強法

英会話は、どこから始めれば良いのかわからない方は必見です。

2語文から3語文4語文と作れるようになれば、言いたい事は言えるようになります。

最初は、主語+述語(動詞、形容詞)の2語からはじめましょう。

英会話初心者が一番気をつけるところは…

伝えたいことの単語も発音も知っていて、単語を並べても、なんとなく意味は通じるとは思います。

単語も発音も重要ですが、もっとも気をつけるところは、「大きい声でゆっくり」と言うことです。

日本人は英語で会話をする時に、恥ずかしがったりしているのか、小さい声で英語をしゃべります。

日本人同士の日本語の会話でも、相手が話を聞く体制になる前に突然話しかければ、聞きなおされる事もあると思います。

声が小さいだけで、相手に聞こえてないのに、英語が通じてないと諦めてしまいます。

それでは、いつまで経っても、英会話は上達しません。

発音やイントネーションは大事ですが、相手に聞こえる音量まで大きくして声を出して下さい。

2~3単語言えば、相手が勝手に想像して意味を理解してくれます。

もうちょっとレベルを上げたい方は、文法を覚えて下さい。

英文法は知っていた方が良い

私自身、文法は必要ないと思っていました。

しかし、それは学校教育の受験英語の勉強によるものでした。

学校の文法の授業が嫌いで、文法なんて必要ないと思ってましたが、英会話で簡単な文章を作るには、文法を知っていた方が、作りやすいことに気付きました。

学校の文法は、受験英語や洋書を読むのには適しているかも知れませんが、英会話には向いてません。

教わる順序が、英会話向きではないのです。

今回紹介する、3つの文法のパターンを知っていれば、なんとか会話は出来ます。

疑問文は、レベルが高い会話ですので後回しにしましょう。
自分から質問したところで、返って来た答えが知らない単語だらけだったら、意味がわからず、質問したことに引き目を感じてしまいます。

まずは、自分が言いたいことが主張できるようになりましょう。

主語+動詞

A fish swims.
魚 泳ぐ

などの2語文から始めます。
日本語に訳す時は、「がにをは」の助詞は抜くと、日本語のまま英語の文法と同じ順序に並べられます。

そうすると、自然に英語の文法の順序が入って来て、英語に慣れます。

最初は目に付いたものをどんどんと、主語+動詞だけの文で練習して行って下さい。

I get up.
私 起きる

から始まり、

I sleep.
私 寝る

と一日中、自分がしていることを、意識して、英語で考える時間を増やします。

「これは英語何て言うんだろうな?」という、自分への問いかけが重要です。

疑問は疑問で終わらせないで、メモを取ったり、その場で単語を調べたりしましょう。

おすすめのスマホのアプリは、google翻訳です。
一度調べた言葉の履歴が残るので、毎日も見返して、長期記憶に移動させましょう。

生活に必要な単語は、どこに行っても役に立ちます。

間違っていても良いので、とにかく数をこなしましょう。

例を上げるとすれば、こんな感じです。

I walk.
私 歩く

I work.
私 働く

I talk.
私 話しかける

I read.
私 読む

など、24時間、脳を英語モードにして行きます。

主語+動詞+目的語

2語文を作るの慣れたら、次は3語文です。

2語文に、もう少し詳しく説明を付け足す感じです。

例えば、

I eat.
私 食べる

を、3語文にすると、目的語に当たる「何を?」の部分の説明になります。

I eat the Ramen.
私 食べる ラーメン

と、こんな感じに作っていきましょう。

他には

I walk the road.
私 歩く 道

I read the book.
私 読む 本

など、こんな感じです。

主語+動詞+形容詞

形容詞は、名詞に来る言葉の、評価や感想や説明に近いです。

例文、

He looks sleepy.
彼 見える 眠そう

She is beautiful.
彼女 は 美しい

などの文を作りましょう。

まとめ

3パターン紹介しましたが、これだけ繰り返して、しっかりと基礎が付いてから、少しずつ長い文に挑戦して見て下さい。

すると、2語文や3語文を基本にして、接続詞で文と文を繋いでいるだけに気付けたり、ただ主語を詳しく説明したいがための長文だったりと、だんだんと英語に慣れて行きます。

例文の丸暗記では応用が利きませんので、仕組みを知ることで文の構造が見えてきて、組み替えることが出来ます。

文法を覚えたら、文法を捨てて下さい。

武道もそうですが、型を覚えたら、次にすることは型を忘れることです。

日本語でも、オリジナル文法表現で無意識に会話をしていると思いますが、英会話でも、オリジナル文法になっても、問題ないです。

英語が話せる人は世界に何十億人といますが、ほとんどの方は文法はめちゃくちゃです。

なので、基本となる、今回の3パターンを知っていればなんとかなります。

地球上にいる何十億人もの人間は、母国語と英語を話すバイリンガルです。

根本に人間は、バイリンガルに成れる能力は誰でもあると言う事です。

日本は島国なので、バイリンガルのイメージはありませんが、タメ語と敬語の2つのパターンの会話が出来るのなら、言語を使い分けられているので、バイリンガルに成れます。

まずは、自分がよく使う言葉を英語にして、単語力を上げて行って下さい。

何もない所に作物(さくもつ)を育てるのは、難しいですが、一度耕した畑に作物を育てるのは簡単です。

土台となる基礎を、しっかりと構築して見て下さい。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座