英会話初心者におすすめの英語の文法の作り方。主語と動詞

とにかく自分の状況を伝えたいときに役立つのが主語+動詞です。

主語+動詞だけだと、片言のようになりますが、発音さえしっかり出来ていれば、意味は通じます。

たくさんシュミレーションして、一瞬で英語の文章を作れるようにしましょう。

主語+動詞の例文集

今回は、人が動作する時に使える文章を作ります。

I get up.
私 起きる

I go out.
私 出かける

I eat.
私 食べる

I sleep.
私 寝る

I cry.
私 泣く

I laugh.
私 笑う

I swim.
私 泳ぐ

I sing.
私 歌う

日本語の助詞を抜いて、日本語で文を作ってから、英語に変換する練習を続けていきましょう。
助詞とは、「~は」や「~が」のことです。

例えば、「私は泳ぐ」と「私が泳ぐ」では、微妙に状況だったり意味が違ってきます。

それと、英文章が長くなってくると、翻訳に時間が掛かります。

大人になってから英語を学ぶと、どうしても、頭の中で翻訳してしまうので、英語の文法の流れを覚えるためにも、助詞は抜いて練習していくと、後々この練習の意味がわかってきます。

三単現の人の場合は

He studies.
彼 勉強する

She cooks.
彼女 料理する

He smiles.
彼 笑う

She cries.
彼女 泣く

三人称単数の一般動詞に「s」が付きます。
「I」や「You」以外は三人称だと思ってください。
単数というのは、一人を限定している時のことです。

英語は数をものすごく気にしながら、会話をします。

三人称複数系の時は、

He and I study.
彼と私 勉強する

と、主語が2人で複数になったので、「s」が付きません。

「They」の「彼ら」の時も複数なので、同じです。

まとめ

日本語で会話をしている時に、よく「主語がないよ。」と、突っ込まれる人を見たことがありますよね。

結構省略して会話をしてしまうので、日本語の時でも「主語はなんだろう?」「動詞はなんだろう?」と意識し直して見ると、丁寧な言葉使いとなり、英語が上達します。

間違っててもいいので、主語+動詞だけの日本語の文章を作ってから、英語に変換していきましょう。

一度作った文章は、ノートに書き溜めて、毎日復習すると、脳に記憶されやすくなります。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座