英会話で天気の話を表現する時に使える例文。基本から忠実に

何かと話のネタになる天気の話。

英会話では、どんな風に天気の話をするのでしょうか?

天気に関する単語

天気は英語で「weather」(ウェザー)です。

天気予報は英語で「weather forecast」です。

天気に関する単語は、まずはこれ

  • sunny 晴れ
  • cloudy 曇り
  • rainy 雨

この3つは、すでに知っている方も多いと思います。

海外の天気予報が知りたい場合は、日本と同じで、絵のマークで天気がわかるので、現在地や行き先の地名がわかれば、情報を得ることは出来ます。

他の天気の単語は

  • foggy 深い霧
  • snowy  雪
  • overcast 一面に覆われた雲
  • clear 快晴
  • dark 雨雲で真っ暗

など、まだまだたくさんあります。
少しずつ語彙を増やして、会話を盛り上げていきましょう。

英会話で天気の話をする時に使える表現

天気は「It’s ~ .」から始まります。

晴れていると言いたい時は、

It’s sunny.

と言います。

とはいえ、独り言のように、天気を言う機会はあまり無いと思います。

A:今日は寒いよね?
B:そうだね。

と、共感を得るような会話をすると思います。

共感を得る時は、「~だよね?」と聞きますよね?

その時は、付加疑問文を使います。

「It」から始まるので、「isn’t it?」を語尾に付けます。

A:It’s cold,isn’t it?
B:Yes,it is.

と、会話します。

天気を表現する時によく使う単語は

  • hot 暑い
  • warm 暖かい
  • cold 寒い
  • windy 風が強い
  • showery にわか雨
  • downpour どしゃ降り

このあたりでしょう。

まとめ

最初は、天気に関する単語から覚えて行き、段々と文章を長くしたり、細かい説明を取り入れましょう。

2語文だったり、付加疑問文を付け忘れても、指を空に差しながらや、手で顔を扇いだりと、ボディーランゲージを取り入れれば、伝わります。

天気は会話のきっかけになるので、最初に覚えておきたいですね。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座