自己紹介の時に英会話でする質問の仕方と回答の例文

自己紹介や挨拶は、英会話でのコミュケーションの初歩の初歩です。

お互い気持ちよく挨拶できるようにスキルを磨きましょう。

相手の名前を聞くときは?

「What’s your name?」

と、いきなり初対面の人に聞いてしまいそうですが、相手の名前を知りたい時は、自分の名前から名乗ります。

「Hi!I’m ○○○. 」

と、手を差し伸べて、握手をしながら挨拶します。

自分の名前を名乗れば、相手も「Hi!I’m ○○○. 」と返してくれます。

日本でも、「はじめまして、○○と申します。」と言えば、相手も「はじめまして、○○と申します。」と、返してくれますよね?

ここで一つ覚えておきたいのは、ホテルなどの受付で、名前を聞かれる時です。

ホテルで係りの人からは、「What’s your name?」とは聞かれず、「May I have your name (,please)」と、丁寧な言い回しもあるということを知っておいて下さい。

「May I have your name (,please)」は、日本語では「お名前をお伺いしてもよろしいですか?」ぐらいに、丁寧です。

質問されたら、「I’m ○○○.(名前+名字)」と返答しましょう。

出身地はどこですか?

「Where are you from?」

会話をしている状況によって、質問の回答が異なることが多いです。

日本にいる外国人に質問すれば、国籍を答えくれると思いますが、アメリカで同じ質問をすれば「州」で、答えることが多いようです。

どこの国かわかならいけど、英語が通じるならば、

「What is your nationality?」
(あななたの国籍はどこですか?)

となります。

自分が聞かれた場合は、「Japan」と、回答しましょう。

話の流れで、日本に旅行に来ている外国人に、宿泊先を聞きたい時は、

「Where do you stay?」

と聞きます。

日本で住んで暮らしてそうならば、

「Where do you live?」

と、聞きましょう。

まとめ

英会話初心者の方は、がつがつと自分から、質問できる方は少ないのではないでしょうか?

会話をした時に、相手からの質問の仕方を覚えておくと、後で役に立ちます。

質問の仕方は、状況によっては、失礼にあたる場合があります。

とはいえ、日本語を話すハーフタレントや、ローラやボビーオロゴンのように、タメ口が、おもしろおかしく受けとってくれる場合もあります。

片言で一生懸命話して、「あなたとコミュニケーションを取りたいんだ」と意思表示が出来ていれば、やさしく接してくれることでしょう。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座