英会話は文法やフレーズを覚えるよりも単語力と綺麗な発音が重要

英会話初心者の方は、一体どこから手を付けていいのか?悩んで先に進まなくなる方が多いです。

おすすめするのは、単語力と綺麗な発音からです。

英語耳を育てるには?

聞き流しで英語を覚えるより、自分で発音を練習して単語を覚える方が、早く上達します。

なぜなら、発音が出来るということは、聞き取れると言う事です。

これは、大人向けの学習法になるかも知れませんね。

フレーズも文法も、英単語が集まって出来ているので、単語力と語彙力が英会話のコツです。

単語力と語彙力とは?

語彙とは、例えば身体で説明すると、手や足や内臓など、身体に関する単語をたくさん知っていることを言います。

他には、新聞や小説などに出てくる単語の総称を、語彙と言います。

その新聞や小説に出てくる単語を理解できるのが、ここでは語彙力があると言えます。

単語力と語彙力の違いは?というと、単語力は、意味や発音などを示し、語彙力は、その分野に関する単語数や慣用句やことわざなどを示します。

文法を覚えるよりも先に発音が重要な理由とは?

例えば、日本語で会話していて、だらだらとしゃべって活舌が悪かったり、口を閉じたまま会話をする人がいますが、文法は合っていても、聞き取りずらかったり、嫌悪感を抱くこともあります。

それと同じで、英文法が合っていても、発音が適当ならば、相手は「ふざけているのか」と受け取ることもあります。

ネイティブのように、ペラペラとしゃべれるようになるのではなく、日本語なまりのJapaneseEnglishでも十分です。

母国語によって発音しにくい言葉は、どの国の方でもあります。
なまりは気にしなくても良いですが、はっきりと大きい声で発音しましょう。

私も知り合いの外国人に、日本語で「あというまに」ってどういう意味と聞かれ、よく聞き取れず、何度も聞き返しましたが、ゆっくりと話してもらったら、「あっと言う間に」ということでした。

何が言いたいかというと、発音だけではなく、イントネーションも大事だと言う事です。

単語だけでも会話は出来る

言葉そのものに意味はありません。状況に意味があります。

どういうことかと言うと、電車のホームで、降りたい駅の名前を訪ねれば、それを聞いている人は、どの電車に乗ればよいのかわからない、ということが状況的に理解出来ます。

単語の発音やイントネーションは、「Weblio」(ウェブリオ)やグーグル翻訳に単語や文章を入力して、スピーカーのマークを押せば、音声が聞けます。

アプリのグーグル翻訳は、一度調べた単語の履歴が残っているので、その機能を活用して、覚えたい単語を毎日復習しましょう。

復習が記憶の定着を手助けます。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座