英会話初心者に必要な勉強法。教材の活用方法は完コピ

効率的な英会話教材の使い方を解説します。

多くの人は、聴いた気になったり、読んだ気になったり、覚えた気になって終りです。

どうやって教材を使いこなせば、英会話が上達するのか?

英会話はこの順番から始める

英会話の勉強をはじめようと思うと、英語の勉強も同時に習得しようと考えると思います。

英語の勉強と一言で言っても、いろんな種類があります。

  • リスニング(聴く)
  • スピーキング(話す)
  • リーディング(読む)
  • ライティング(書く)

まず、この4種類に分類されます。

英会話に必要なのは、「リスニング」と「スピーキング」です。

リスニングとは、「意識して聴く」ことです。

似たような言葉で、ヒアリングもありますが、ヒアリングとは、「聞こえる」という意味です。

リスニングとヒアリングの違いは、意識の違いです。

スピーキングとトーキングも似ているようで違いがあります。

スピーキングとは、一方的に話すことで、トーキングは会話することです。

最初は、相手の言っている内容が解らないので、自己主張する為にスピーキングが多くなると思います。

聞き流すだけのリスニングは話せるようにならない

英会話に必要なスキルは、リスニングとスピーキングです。
リスニングの能力を上げる方法は、いろいろあります。

英会話の音声教材を聞き流したり、海外ドラマを字幕なしでたくさんみる方法など、いろんな方法があります。

しかし、大人になってからでは、基礎知識がなければ、1万時間聞き流しても、ほとんどの方は、無駄な時間になります。

聞き流す練習は、聞き流す行為が上達します。

聞き流すだけで、会話が理解できるようになるなら、犬やイルカの鳴き声を長時間聞くだけで、動物と会話が出来る人が続出するはずです。

リスニングの上達する方法をお伝えします。

脳は知っているものしか、認知できないのです。

自分が発音できる英語しか認識できません。

スピーキングのスキルを上げる方法

音声付きの教材をお持ちでしたら、CDやMP3の音声教材を使います。
海外ドラマでも、英語の字幕を表示できるものあるので、教材として使えます。

答えとなる英文を見ないで、音声教材を再生して下さい。

ここからが重要です。
教材の英会話を耳コピして、完コピを目指します。

完コピとは、完全コピーのことです。

音楽で言えば、耳コピからの完コピです。
耳コピとは、楽譜がない状態で、耳だけで音階とリズムをさぐって、そのまま演奏したり、楽譜に書き写すことです。

多くの人は、教材のフレーズは一度なぞって発音したら終わりです。

そうではなく、CD教材などの音声とまったく同じ発音で、同じリズムで、同じイントネーションを意識して、CDの音声とまったく声が重なるまで反復します。

ゆっくり再生できるアプリがあるならゆっくりから始めた方が、効率よく出来ます。

最初は、一つのピリオドまでの1文を何度も聞いて、紙やノートに聞こえたまま、書きます。

知っている単語は英語で、知らない単語はカタカナで、聞こえたまま書きましょう。

10分くらいやってみて、「もうこれ以上聞き取れない」というところまで脳に負荷をかけてから、答えとなる英文を見ます。

すると、知っている単語も聞き取れないことに気付きます。

前後するの英単語の配列によって、英単語がくっ付いたようになって、はじめて聴く英単語になっていたり、ものすごく短くなって、しかも、小さい声で一瞬過ぎて、聞き取れないことがたくさんあります。

このパターンや法則のようなものをどんどん学習していくと、スピーキングとリスリングが上達します。

ある程度、力がついたら、実際に英語圏の人と会話をしてみるしかありません。

おすすめは英会話カフェです。
英会話を教えることに抵抗がない人を探すところから、始まります。

教えることに興味がない人に英会話の質問すると、「私はあなたの先生ではない。」と気分を損ねる場合があります。

まずは、英会話カフェで、どんな会話をするかイメージして下さい。

どんな質問をするのか?どんなことを聞かれるのか?をイメージして、イメージの中から出てきた会話を、日本語でメモを取りましょう。

グーグル翻訳はかなり使えます。
日本語を入力すれば、英語訳と発音が聞けるので、ノートに書き溜めて行きましょう。

一度調べた単語や文章は、毎日復習すれば、一瞬で思い出せるようになります。

まとめ

日本人の英会話は、完璧を求めすぎるために、実践しない人が多いです。

片言の英語でも、コミュケーションは取れますので、話す機会をどんどん作りましょう。

ここで言う片言の英語は、「主語と動詞」です。

日本語での日常会話でも、英語で言うなら、「なんて言うのかな?」「主語と動詞は何かな?」と常に、脳をフル回転させておきましょう。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座