英単語の覚え方。短時間で覚える1分間ノートの作り方

英単語を覚えるコツは、連想ゲームでボキャブラリーを増やすことです。

具体的なやり方を解説します。

そして、一度覚えた言葉を忘れない方法。

1分間英単語のからくり

英語の一つの勉強法と知られている、1分間英単語ですが、これには、向き不向きがあります。

それは、復習に向いていると、言うことです。

英語の読み書きでも、英会話でも、一瞬で意味を感じ取れなければなりません。

会話中に、いちいち止めて辞書を引いていては、楽しい会話も出来なくなります。

1分間英単語の勉強法とは

1秒1単語で復習する方法です。

1分で60個の単語を思い出し、30分復習の時間に当てれば、1800単語も復習できます。

日常会話は、1500語~2000語ぐらい知っていれば、問題ないと言われています。

つまり、毎日、一度覚えた英単語を30分間復習の時間に当てれば、英会話に必要な英単語は、クリアできるという勉強法です。

1分間英単語の勉強の壁

本屋さんで英単語集など売られていますが、やはり、英単語は覚えられない方は多いと思います。

なぜならば、興味のない単語は、頭に入ってこないからです。

本や教材通りの順番で、勉強を始めても、3日後には、本を開くことがなくなります。

そうなると、自分で英単語帳を作りしか方法はありません。

英単語帳の作り方

日本語を覚えた時は、日常会話から始めたように、英語の勉強も英会話から始めることをおすすめします。

1日で覚えられる単語の数は、個人差はありますが、7個ぐらいと言われています。
まずは日本語で、覚えたい英単語を7個書き出しましょう。

A3サイズノートを用意し、片方のページの左側に日本語を書き、右端に英単語を書きます。

日本語を英語に変換するので、左に日本語を書いて、右に英単語を書くと、頭の中の変換と同じになります。

テストに出るわけではないので、興味のあるジャンルから始めると良いでしょう。

関連付けして、まとめて覚えた方が、記憶に残ります。

私は音楽が好きなので、と書き、ノートの左側に

  • ギター
  • ピアノ
  • チューニング
  • ベース
  • ドラムス

例えば、右側に

  • Guitar
  • Piano
  • Strings
  • Tuning
  • Bass
  • Drums

と、書きます。

英語圏の方と、音楽の話をしているイメージで、単語を増やしていきます。
この作業は好きなジャンルで行ってください。

そして、重要なのは、発音です。
カタカナで正確な発音を書ききれることはできませんが、カタカナで書きます。

だけど、誰かが作ったカタカナ表記より、自分で聞こえたままをカタカナするのがポイントです。

google翻訳のアプリやgoogleの翻訳ページで単語を書けば、音声マークが出てきます。

音声マークを押せば、その単語や文章の発音が聞けます。

例に出した、Pianoだったら、カタカナ表記は「ピアゥノォ」と言う感じです。

英語は、日本語の発音と違い、母音を強調させると、英語っぽく聞こえます。

まとめ

毎日根気よく続けて、習慣になるまで、落とし込めたら、あっと言う間に2000単語は覚えられます。

英語の学習は、スポーツや音楽の習得に似ている、と言われています。

とにかく、地道に作業するしかありませんので、地道でも楽しみながらできる方法を見つけると、上達が早いです。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

身体の読み方講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座