英語の文法。初心者向けの形容詞の位置と順番の文章の作り方

英会話で形容詞が使えるようになると、相手に言いたい事のイメージが伝わりやすくなります。

形容詞は、前に置く方法と、後ろに置く方法があります。

今回は、初心者でもわかりやすい後ろに置く方法を解説します。

形容詞の使い方

まず始めに説明をするのが、形容詞って何?っていう所です。

形容詞とは、名詞を修飾するものです。
簡単に言うと、名詞に来る「物」や「人」に対するや感想(評価)や説明に近いです。

  • あの人は、かわいい。
  • あの人は、うるさい。
  • あの海は、広い。

などの感想や説明です。

特に女性の会話は、共感を求める会話が多いので、頻繁に使うことになります。

「このケーキおいしいね。」など、相手に共感を求める評価や感想を言う時に使います。

日本語では、「い」や「しい」で終わる言葉は、ほとんど形容詞です。
英語では、「y」で終わる単語が形容詞なことが多いです。

こういう似ているところが発見できると、おもしろいですね。

とはいえ、普段日本語を使っている時も、文法を気にしながら、会話する人はあまりいません。

何かの説明や感想を言っている時は、「形容詞を使っているんだな」ぐらいに、気軽に考えてください。

形容詞を使った3語で作る例文

My friend looks sleepy.
友達 見た目が 眠そう

Apple taste good.
りんご 味が おいしい

The drums sound noisy.
ドラム 音が うるさい

You are tall.
あなた は 背が高い

He is friendly.
彼 は やさしい

今回は、be動詞が出て来ました。
日本語に訳する時は、「がにをは」の助詞は、訳さず進んできましたが、be動詞の「is」「are」「am」の訳は「です」だけではありません。

今回は「は」と、だけ訳しましょう。

「は」は「=(イコール)」という意味で使います。
「りんごはおいしい」で、イコールになります。

上の例文の一般動詞の「味が」の「が」を付けているところも、「は」に変えても意味は通じると思います。

be動詞と一般動詞の違いは

簡単に言うと、動くものか、動かないものです。

動かないのに動詞というと、少し違和感がありますね。

もしくは、「am,are,is,was,were」以外のものは、全部一般動詞と思っても大丈夫です。

まとめ

形容詞は前に置く方法と、後ろに置く方法がありますが、今回は後ろに置く方法で例文を作りました。

主語 + 動詞 + 形容詞

の位置と順番が初心者でも、英文が作りやすいです。
まずは3語文から作りましょう。

いきなり、英文を作らず、日本語で何を言いたいのか?の設定が必要です。
言いたい事が無いのに、英文を作ろうと思っても、何も出てきません。

この時に、形容詞を使った文章を作るのに最適なのは、五感を使った文章です。

五感とは、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の5つです。

例えば、

  • 何か触って、柔らかい
  • 何か匂いを嗅いで、甘い
  • 何か見て、美しい
  • 何か食べて、おいしい
  • 何か聞いて、心地よい

など、五感に関する文章が作りやすいです。

 

気功メニュー表

気功整体による施術

蟲駆除、呪いの解除の施術

選べる遠隔ヒーリング

パーソナルセッション

YouTubeチャンネル開設

気功師 智徳

テキスト講座

現代気功の夜明け~言葉によるヒーリング~

フィジカル気功講座

身体の読み方講座

眠った肋骨をブートさせる講座

ヒーリングウォーキング

はじめての気功講座

はじめての気功セルフヒーリング講座

共感覚を鍛えるベーシックトレーニング講座

瞑想入門の作法とレシピのつく方講座

はじめての美容気功講座

身体に訊くゴール設定講座

気功師養成講座

経験者向け気功講座

オリジナル気功技術の作り方講座

はじめての気功整体講座

サイキックアタックと蟲駆除

音楽レッスンメニュー表

リズムトレーニング・楽器上達講座

ボーカル音痴矯正講座

作詞作曲・音楽理論講座